teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


国民よ 騙されるな

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2017年10月10日(火)15時06分15秒
返信・引用
  回選挙は
日本国の命運を決定する重大選挙!!! 国難的現在、自公政権しか「日本の安全と国力」を強化出来ない。国家を浮動化し漂流させてはならぬ。

希望は、基本的に無責任、党首のいない選挙など無責任の一語に尽きる。
現段階では未経験であり未知数、未熟政党、国家運営能力に決定的に欠ける。
一夜城の小池私党といえる、小池の安全保障政策を評価するが、政権党としては未知数、未来の話である。
第一、民進党議員として国会議事堂前で安保法案反対デモした100人の立候補者は、国民を愚弄している。

その他は論外、

平和ボケ、隣国に洗脳された平和ボケ日本人の選挙としてはならぬ。

フェイクメディアに騙されるな!!

日本人の国防意識が試されている、隣国の喜ぶ野党に投票するな!!
   ケントギルバードの指摘のメディアの記事を信用するな!眼くらましだ!
それは、NHk、TBS、テレビ朝日、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、悪質なのが
共同新聞と配信を受けている地方新聞、彼らは洗脳されたままだ!!

 
 

今上陛下の大御心

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2016年11月13日(日)18時53分34秒
返信・引用
  畏れながら今上陛下の大御心、人臣をいたずらに迷わせてはいないだろうか?
高齢であるゆえに、心身ともに公務を続けられないという事はよくわかる。
ならば摂政でと現行憲法にも実行可能な、法律があるにも拘わらずそれを拒否。

そして、このたび陛下の多すぎる公務に対して宮内庁から、公務を
減らすのは困難であるという、いささか大御心をいぶかしむ返答あり。

はて?何もすべての公務を一切なくすというのではなく、これまでより
重要度の低いものから順々に減らしていく・・・・・そういう事だと
考えていたのだが、この回答だと激務のままでいいという、現状維持の
話になるのだが・・・・・・????


畏れながら今上陛下は、幼少のみぎり敗戦を体験され、GHQの差し金できた
バイニングという米国女史の思想を短いながら設けた。さらに美智子
皇后だがこれまでの皇室の考えとは異なる思想のご婦人。

ご成婚当時の初の民間人の皇太子妃誕生とその先にある不安。
しかしこれまで何事もなく、いやうまくいきすぎた。問題が無さすぎた。
平成に入り、いわゆる『雅子妃問題』が巷を騒がせたが、そういう問題の
ある人物との徳仁親王殿下とのご結婚を認めたのは今上陛下である。

近年では崩御された後の『大喪』に関して
これまでの『土葬』から『火葬』にしたほうがよいとの大御心。
経費をかけない、いかにも戦後民主主義国家の帝らしいお考えだが、
逆に400年ぶりに火葬を復活させるとなると、それなりに古式に
沿って執り行わなければいけない。むしろ歳費がかさむ恐れなないのだろうか?

皇祖皇宗に背き、自分の代で皇室をなくす・・・・などとは
お考えあそばされていないだろうが・・・・いささか近頃の皇室の
行動には憂慮せざるを得ない。


保守系、天皇退位に異論=政府はプロセス重視―専門家聴取

時事通信 11/8(火) 7:14配信

天皇の生前退位などを検討している政府の有識者会議が7日行った専門家ヒアリングで、5人のうち2人が天皇の生前退位について明確に反対した。

 政府は今の陛下に限って退位を認める特例法を軸に法制化の検討を進めるが、専門家の多様な意見は、有識者会議としての集約の難しさをうかがわせた。

 反対を表明したのは平川祐弘東大名誉教授と大原康男国学院大名誉教授。

 平川氏は、天皇の役割について「能力主義的価値観を持ち込むと皇室制度の維持が困難になる」との認識を表明。「象徴の務め」への不安を述べられた陛下のお言葉に対し、「ご自分で拡大された役割を絶対的条件にして、それを果たせないときは退位したいというのは、ちょっとおかしい」と疑問を呈し、摂政を置くことで対応可能との見解を示した。

 大原氏も「(天皇は)ご存在の継続そのものが『国民統合』の要」と同趣旨の論を展開。高齢化社会と象徴天皇制を「調和」させる試案として、現行の摂政制度の要件に「高齢」を加えることを提案した。

 残り2回のヒアリングでも、退位に慎重な識者が控える。14日の渡部昇一上智大名誉教授、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、30日の八木秀次麗沢大教授、百地章国士舘大院客員教授と、保守論壇で名の知れた面々だ。

 特に平川、渡部両氏からの意見聴取は安倍晋三首相が希望した。政府関係者は「議論をまとめるには、一家言ある人たちの発言の機会をきちんと設けたプロセスが必要」と狙いを説明する。

 一方、退位を容認する考えを示した3人の有識者でも、陛下一代限りの特例法とすべきか、後世の天皇にも適用する皇室典範改正が望ましいかをめぐっては立場が分かれた。

 古川隆久日大教授が、典範改正が望ましいとの考えを示したのに対し、作家の保阪正康氏と所功京都産業大名誉教授の2人は、まずは特例法で対応し、後に典範改正する2段階論を主張。この中でも温度差があり、典範改正に関して所氏が「時間的に可能ならば」と条件を付けたのに対し、保阪氏は改正が「前提」との考えを示した。

 有識者会議の御厨貴座長代理は会合後の記者会見で「1回だけで『こういう傾向だ』と言うことはできない」と率直に認めた。同会議は年明けに論点整理を予定しているが、御厨氏は「16人全員(から意見を)聴いた時に、どの程度の相場観ができるかによる」などと言質を与えなかった。     
 

安重根の真実

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2016年 3月 6日(日)00時29分46秒
返信・引用
  平成の松下村塾と言うべき「久遠塾」で本日も学びます。
------------------------------------------------

《 「歴史を直視せよ」と言う韓国人は、歴史を識らな過ぎる民族だ。》

韓国では、安重根は英雄視されている。1909年(明治42年)10月26日、日本の初代内閣総理大臣にして初代韓国統監である伊藤博文は、支那のハルビン駅でテロリスト安重根に暗殺されたという事になっている。

韓国では建国以来「反日」が国是なので、日本の重要人物を暗殺した安重根は英雄と崇め奉られている。他に英雄らしい人物が居ないからテロリストでも日本人を暗殺したから英雄なのだろう。日本人はお花畑の住人以外は、彼の事を「反日思想のテロリスト」であると理解している。

倫理的に見ても、暗殺行為はテロ行為だと断じる事ができる。併し、「安重根はテロリストである」という客観的事実を韓国人が受け容れる事は永遠に無いだろう。今の韓国人には、例え大嫌いな日本人であろうと「暗殺は悪い事だ」という自明な事を理解する知恵が無い。国民に倫理観が無いから政府にも倫理的行為を期待できない。韓国政府はテロリスト安重根を切手にしたり、紙幣にしたり、潜水艦に命名したりして恥じもしない。反日自家中毒に侵されていて国家が善悪の判断ができなくなっている。哀れな国である。

併し、少し調べてみれば、皮肉な事に安重根は反日思想の持ち主ではない事が分かる。彼は平和を望んだクリスチャンであり、大日本帝國や明治天皇に敬意と感謝の念を持っていた。安重根を「反日の象徴」として捉えている韓国人は、民族的特質として史実を調べようとしない。史実などどうでも良いのだ。

例えば、安重根は暗殺事件の裁判で、日本が大韓帝国の皇太子 李垠(イ・ウン)の教育に尽力した事に触れ、大韓帝国国民が感謝していると述べている。日清・日露戦争を通じて、日本が朝鮮半島を含む東洋の平和を護った事も評価している。明治天皇が大韓帝国の独立を図り、平和の維持に努めた事も理解している。安重根は韓国人が忌み嫌う親日家であったのである。

暗殺の動機は、安重根が伊藤博文の事を「明治天皇のご意向に反した政策を朝鮮半島で行なう逆臣」と思い込んだ点にある。併し現実には、伊藤博文こそ李垠を日本に招いて教育を施した張本人で、然も日韓併合反対派の中心人物だった。

列車内でロシア人ココツェフの挨拶を受けた後、駅ホームでロシア兵の閲兵をしていた伊藤博文に、群衆を装って近づいた安重根の放った銃弾3発が命中したとされ、伊藤は約30分後に絶命した。3発の銃弾を受けた後、伊藤は犯人が朝鮮人であると聞くと「バカな奴だ」と呟いたという。日韓併合に反対であるならば、伊藤博文暗殺は大きな過ちであった事になる。

併し、安重根は伊藤博文の真の暗殺者を隠す為の存在に過ぎず、真犯人はロシア側に居たと考える方が妥当な証拠が残されている。取り調べによると、安重根は兵列の影に隠れる様に「しゃがんで」撃ったと自白している。ところが伊藤の身体に残された弾痕は右上から左下へと通っていた。証拠は駅の二階の食堂からフランス騎兵銃で撃たれた事を示している。そこは格子になっていて斜め下に狙うには絶好の場所であった。

安重根が伊藤暗殺に使用したとされるブローニング拳銃はベルギーのFN社製のもので、拳銃の製造番号(262336)から、1906年9月8日に「クンフト社」に販売されたものである事が解っている。併し、伊藤の随行員だった室田義文は『室田義文翁譚』に伊藤の体内から摘出された銃弾は安重根が使用したブローニングの七連発拳銃のものではなく、フランス騎馬銃のものだったと記している。

〈史実を重んじず、歴史を識ろうとしない韓国人〉は、〈伊藤博文 暗殺を成功させる為に「捨て駒」にされた安重根を有り難がって、民族的英雄に祀り上げている〉のだ。何と安っぽい、如何にも朝鮮民族らしい英雄であろうか。愚かの一語に尽きる。

日韓併合で朝鮮半島は日本の一部となり、朝鮮人は日本国籍となった。大日本帝國は国家の威信にかけて、朝鮮半島の衛生改善やインフラ整備、産業育成、教育レベル引き上げに取り組んだ。朝鮮民族の独自性も尊重し、埋もれていたハングルを見出し、体系化して、文盲の朝鮮人に普及させた。

韓国人はハングルこそ、世界で最も優れた文字であると誇らしげに語る。併し、実はハングルは朝鮮民族の誇りでも何でもない。韓国人は妄想癖が強く、よく韓国半万年の歴史などと虚偽を主張するが、朝鮮半島最古の歴史書は1145年のものである。然もハングル文字では無く、漢字で書かれたものだ。

ハングル文字は15世紀に朝鮮半島からモンゴル人が引き揚げた時に残して行った表音文字、パスパ文字を真似てつくられた。併し、漢字を使う両班階級からハングル文字など子供の文字と軽んじられ、庶民が学ぶ学校も塾も皆無であった為に、20世紀初頭まで埋もれていた。一度、1876年「日朝修好条規」締結の為に朝鮮を訪れた日本の学者によって発見され「こんなに便利な表音文字を使わないのは勿体無い」と朝鮮人に教えたという記録が残っている。

併し、1910年(明治43年)の日韓併合時には、またもハングルは埋もれ忘れ去られていた。日韓併合時の識字率が僅か4%であった事は良く知られている。併しそれは4%の両班が漢字を読み書きできただけで、4%の庶民がハングル文字を扱えた訳では無い。庶民は100%無学文盲であった。日本人がハングルを再々発見して、研究し、体系化して日本国民となった朝鮮の庶民に教育したのである。日本人は朝鮮人の識字率を35年の併合期間で0%から64%まで引き上げた。日帝が文字を奪ったなどとの言い掛かりは的外れも甚だしい。

因みに、日本には日本伝統の「和紙」づくりがあるが、韓国にも「韓紙」の伝統があるという。仏パリでは絵画修復に100%和紙が使われているが、最近「韓紙」の売り込みが激しいという。「和紙に一方向の目は無いが、韓紙にはそれがあり、絵画修復には和紙より韓紙が適している」と言う触れ込みだとか。100%文盲の民の国に紙漉きの伝統などある訳が無い。日本の和紙づくりを現代風に剽窃して「韓国伝統の韓紙」なるものが生まれたのだろう。朝鮮民族とはこういう嘘を平気で押し通す。フランス人が騙されないと良いのだが…

反日でも侮日でも一向に構わないが、韓国人は自国の歴史を識らな過ぎるし、嘘が多過ぎる。安重根 然り、ハングル文字 然り、韓紙の伝統 然りである。結局、安重根による伊藤暗殺が日韓併合時期を早め、朝鮮半島の近代化を加速させた。真実はともかく歴史を表層的に見れば、皮肉にも安重根は間違いなく大韓帝国を救った英雄となる。韓国に於いて「歴史」や「真実」ほど軽いものは無いという事だ。

安重根は何者かに嘘の情報を吹き込まれ、それを頑なに信じて、祖国の大恩人を暗殺する過ちに加担した愚か者であった。テロリストを切手や紙幣に用い、その名を潜水艦に命名するのは結構だが、少しでも歴史を調べてからにした方が良さそうだ。韓国人は、日本に「歴史を直視しろ」と言う前に、自らの歴史を真面に学んでいただきたいものだ。妄想・捏造による虚偽の反日工作は鬱陶しい事この上無い。
 

日韓友好の真実

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2016年 3月 6日(日)00時22分55秒
返信・引用
  平成の松下村塾と言うべき「久遠塾」で本日も学びます。
--------------------------------------------------

《「日韓基本条約・日韓請求権協定」は韓国による〈恐喝〉の成果であった。現代の日本人は歴史の真実を知っておくべきだ。》

1965年の日韓基本条約・日韓請求権協定で日本は韓国政府に、無償で3億ドル、有償で2億ドル、民間借款で3億ドル、という莫大な額の金を与え、それ以外にも様々な便宜を図った。その便宜の内容たるや呆れる程お人好しな内容であった。朝鮮半島の日本の官民資産の全ておよそ53億ドル相当の放棄、様々な技術移転、欧米への販路指導、更なる莫大な資金援助の追加に次ぐ追加…正直、日本政府による莫大な韓国支援は愚かな行動であったと言わざるを得ない。

分不相応な程の日本の支援に対して、当の韓国は一片の感謝もせず、日本を憎み、侮蔑し続けて現在に至っている。併し、一体何人の現代日本人が、あの条約と協定が〈韓国政府の恐喝〉であった事を知っているだろうか? 日本政府が国家として締結した条約であり協定であるから、今更 否定はできないが、「日韓国交正常化」の名に相応しくない〈正常ならざる国交の樹立〉であった事は間違いない。

嘗てベトナム政府が韓国政府に後進国扱いをされた時、ベトナム政府は「日本のような隣国があれば、どんな国でも韓国以上に発展できる。併し、ベトナム人には誇りがある。いつまでも賠償金など求めたりはしない。」と言い放ったと言う。ベトナム政府は韓国に賠償金を求めていない。求めているのは「謝罪」だけである。その時の韓国政府関係者の顔が見たいものである。

サンフランシスコ講和條約により、1952年4月28日に日本はGHQの占領統治から解放され、晴れて国際社会に独立国として迎えられた。併し、韓国の初代大統領 李承晩により、日本は独立直前の混乱に乗じて竹島を略奪された。独立前の丸腰状態の日本には為す術も無かった。竹島周辺では328隻の漁船が韓国によって一方的に攻撃、拿捕され、 44人の日本人漁民が殺傷され、実に3929人が13年間に亘って拉致抑留されたのである。

日本政府はその人質を返して貰う為に「日韓基本条約・日韓請求権協定」を結ぶ事を余儀無くされた。米国の圧力があったとは言え、日本は法外な「巨額資金を支払い」「3929人の人質返還」と「在日朝鮮人犯罪者の釈放」という、まるでテロリストの出すような交換条件を呑んで、犯罪者の在日韓国・朝鮮人472人を刑務所から釈放して特別在留許可まで与えた。韓国政府は、日本が摘発した韓国人密入国者の強制送還を拒否すると共に日本国内に解放するよう要求してきた。日本は竹島返還要求に触れるでも無く、不甲斐なくも全ての要求を呑まされたのである。

繰り返すが、一体何人の現代日本人が、この日韓関係の〈恥ずべき生い立ち〉を理解しているだろうか? 既に下火になったとは言え、日本では大手広告代理店やテレビ局によって無理矢理「韓流ブーム」が演出された。それに乗せられて騒いだのは何も〈在日〉ばかりではない。当時は普通の日本人が「韓国ドラマ」に好感を持ち、「韓国人アイドル」を受け容れていた。私はそれらの感情・言動は、日本人として恥ずべきものであったと思う。

何故なら、韓国とは、国を挙げて日本を敵視し、建国以来〈反日教育〉に精を出し、「親日」を法律で禁じ、糾弾する国である。国際社会で日本を貶める工作を専門とした大統領直属の組織を持つ国である。東京オリンピック招致を直前まで、形振り構わず妨害した国である。遡れば、敗戦直後の日本人を10万人以上も強姦虐殺しておきながら、一度もその事実を認めた事が無いばかりか、逆にその罪を日本人に負わせて恥じない国である。そういう韓国の真実を、日本は国民に教育しないばかりか、報道でも真実を伝えず、韓国を持ち上げる風潮がある。

GHQは日本統治に必要な情報を〈在日〉から集め、〈在日〉を利用して洗脳統治した。その見返りに〈在日〉は様々な特権を与えられて、統治下におかれた日本国民には手に入らない「配給統制日」を手に入れた。煙草や缶詰などの食料品を横流しされた〈在日〉は、それらを景品とした「パチンコ」で荒稼ぎをした。そもそもパチンコ屋を営業した土地は元々〈在日〉のものでは無かった。〈在日〉たちは焼け野原と化した駅前一等地や日本人が所有していた建物を不当に占拠・強奪してパチンコ屋や焼肉店・高利貸し屋・風俗店などを営み、戦後の混乱に乗じて自己所有と登記してしまったのだ。

更にGHQは、日本人に第三国人、特に〈在日〉や朝鮮への批判を固く禁じた。だから〈在日〉は図に乗り、駅前一等地や疎開で空き家となっていた高級住宅に居座るという暴挙に出たのだ。当然、〈在日〉の所業に異を唱える日本人も居るには居たが、GHQの威を借りた〈在日〉の横暴は止められなかった。「朝鮮進駐軍」の暴虐の証拠は掻き消され、一般の教育しか受けていない多くの日本人は〈在日〉の暴虐を知らない。ネット時代の現在でも、自分の努力で真実を探求する日本人は決して多数派ではないだろう。相当数の日本人は、本気で「日韓友好」を語っているのが実情である。

こうなってしまったのは、『東京裁判史観』とそれを現在まで受け継いできた〈反日左翼〉と〈在日〉たちである。〈反日左翼〉は「公職追放令」によって空席となった日本の指導的立場を独占し、その弟子たちが劣化再生産されて現在に至っている。政界・財界・法曹界・教育界・マスメディア界・芸能界などで彼らは幅を利かし、そこには〈在日〉や形ばかりの〈帰化人〉たちも通名で多く存在する。

政権獲得時の民主党は約7割が朝鮮系帰化人で占められていたと言うし、芸能界に至っては目も当てられないほど〈在日汚染〉されている。在日活動家の辛淑玉氏は、芸能界の〈在日汚染〉の実情を迂闊にも自ら書き記している。「おじいさんが「節子(私の日本名)、来い」と呼ぶのです。おじいさんはテレビを指差して、「こいつは在日、こいつは母親が在日・・・」などと説明するのです。紅白を楽しみにしていたのは、出ている朝鮮人の数を数えることでした。当時は、朝鮮人の数が日本人を超えていました。」・・・当時と言うのは、1980年代後半のようである。この惨状は現在も変わらない。寧ろ、当時より現在の〈在日汚染〉の方が深刻さを増している。

遣る瀬無いのは、現在の日本人が近現代史の真実を教えられていない為に、平然と「日韓友好」を語る事である。邪悪な朝鮮民族に対する〈片想い〉である事も知らずに「日韓友好」を語る日本人は実に愚かである。韓国人に憎まれ侮蔑されながら、彼らとの友好を夢見るのは、劣化著しい日本人の自己満足である。その欺瞞性から目を背けて「日韓友好」を語る事は、偽善的行為である。そんな事も気付かない日本人が多く存在する事は、日本の行く末を暗澹とさせる。ひとりでも多くの日本人に目を醒まして欲しいものである。
 

移民推進をする自民

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2015年12月11日(金)21時12分2秒
返信・引用
  それは日本経済のため、人口減少のため、労働力確保のため・・・
だがそれを実際に行い、その時わが国はどうなるのだろうか?

自民党に移民推進3人組があり、中川秀直、河野太郎、石破茂。
引退はしたが石原慎太郎、それなりの有力議員たちである。

自民には様々な意見があるのは承知だが、仮にも保守政党を標榜する
政党内において、日本民族を分断するがごとき政策を立案するとは
面妖至極なり。第一次安倍内閣のときは『1000万移民』を打ち出し、
短期間に内閣は崩壊したが、中川秀直は安倍総理の盟友であった。

移民を受け入れるのは一体どこの国の人間たちなのか??
中国人や朝鮮人というなら、わざわざ日本国内に反乱分子を
いれているようなもの。外国人参政権どころではない亡国政策である。

ここまで論じて趣旨がいきなり変わるが、ことしは徳川家康没後
400年であった。江戸時代があったからこそ近代日本、明治時代を
作り上げ、短期間に西洋の知識や技術を身に着けることができた。

徳川幕府が幕末時にも強大な力と組織が健全に運営できていれば
何の問題もなかっただろう。朝廷も解体せずに済んだ。
無論この間、日本国内に不逞外国人が大量に移住して
来ることもなかったし、うち払ってきた

ふと思うに、明治維新はやはり日本解体の悪影響が強いのではないか?
古の朝廷を解体し、明治政府の一部とし、畏れ多くも天子様を
最高権威者から最高権力者にしたのは間違いではなかっただろうか?

併合するつもりはなかったにせよ、キムチ半島やキムチ人を日本人として
取り扱ったのは今日まで続く、日本の建国史以来の最大の失策。
民主主義と自由、四民平等をしたはいいが、民主国家の悪い
部分だけが目立つようになった。

安倍総理の保守的な部分に関しては支持するが、違和感ありの時は
躊躇なく批判しなければいけない。尊皇攘夷を薩摩と長州は忘却した。
攘夷は時節にあわねど、尊皇までも忘れたのだろうか?
ある程度、明治維新も冷ややかな目で見るのもいいかもしれない。
 

在日朝鮮人擁護法案?

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2015年 8月 4日(火)20時40分3秒
返信・引用
  やはり何はともあれ自民党に政権を任せなければいけない。

どういうわけか、我が国の野党は日本人の人権を守ることより、
寄生・不法移民である在日朝鮮人の人権の保護に熱心に
取り組んでいる。

政党の結党の条件として、外国人を利する
政治政策は禁止し、そのような政党は結党の禁止をするべきである。
偽善主義政治や反民族主張の排撃こそ、保守派に求められている。

保守の仮面をかぶりながら移民を推進する石原慎太郎や櫻井よしこ。
保守でも民族派でも何でもない、一水会の鈴木邦夫や河原乞食の
小林よしのり等、もてはやされていた時代はやはり異様であった。

大和魂と攘夷の志を青少年に叩き込む教育がやはり必須である。


<人種差別>禁止法案、審議へ 「ヘイトスピーチ」受けて

毎日新聞 8月3日(月)9時0分配信


◇野党が議員提案 4日からに参議院で

 在日外国人への人種差別を禁止する法律案が、4日に参議院で審議入りする。在日コリアンへのヘイトスピーチが社会問題化したことを受けて議員提案され、人種差別の禁止を明記し、差別防止を国や自治体の責務とうたっている。罰則のない理念法だが、自治体の条例制定を後押しする効果も期待されている


 法案は、民主、社民両党などが5月に参院に提出した「人種差別撤廃施策推進法案」。人種や民族などの属性を理由とする差別的な取り扱いや言動を禁止するとし、差別防止のために国や地方自治体に実態把握や相談体制の整備などを求めている。罰則は設けない。

 関係者によると、自民党が法規制に消極的で、一時は審議されるかどうか危ぶまれたが、その後了承に転じた。公明党も審議を了承し、参院法務委員会で4日に趣旨説明、6日に質疑が行われる。

 提案した「人種差別撤廃基本法を求める議員連盟」幹事長の有田芳生参院議員(民主)は「ヘイトスピーチを放置すれば、国際的に日本が人権を軽視しているとのレッテルを貼られかねない。修正にも応じるので、与党にも議論に加わってもらいたい」と話す。

 ヘイトスピーチを巡り国連人権委員会は昨年7月、「差別、敵意、暴力をそそのかすような人種的優位の主張や憎悪をあおる言動」を禁じるよう日本政府に求め、現行法で十分対処できていないとして加害者を処罰する法整備を促した。国連人種差別撤廃委員会も同8月、ヘイトスピーチを行った個人や団体について「捜査を行い、必要なら起訴すべきだ」と勧告。国内では、160を超す地方議会が、法規制などを求める意見書を採択した。

 安倍晋三首相は2月の衆院予算委員会でヘイトスピーチを批判したが、法規制については「個々の事案を検討する必要があり一概に言うことは困難だ。立法措置は各党の検討や国民的な議論の深まりを踏まえ考えたい」と述べるにとどめた。

 ◇人種差別撤廃施策推進法案の骨子

・特定の人に対し、人種や民族を理由とする差別的な取り扱いや言動をしてはならない

・人種や民族が共通する不特定の人に対し、著しく不安や迷惑を与える目的で、公然と差別的言動をしてはならない

・国と地方自治体は差別防止施策を策定する

・政府は、施策について国会に毎年報告する

・国は、差別実態を明らかにする調査を行う

・有識者でつくる「人種等差別防止政策審議会」を内閣府に置く

・公布から3カ月以内に施行する
 

国民に告ぐ

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 8月 1日(土)14時59分15秒
返信・引用
  国民に告ぐ マスメディアが国民を煽って世論誘導をしたものは全て大失敗し、日本の国民に大損害を与えてきたことを忘れるな !!!!
1. 近くは「民主党政権の樹立」で大きく国益を損じた。
2.戦後は「安保騒動」で、結局は日本はこれにより繁栄した。
3.遠くは、戦争中の「朝日新聞の戦争讃美」であった。
このように、日本のメディアは、「観る眼がない」。

今回の国の安全保障法案反対も上述と同根である。
日本人よ、今、日本のメディアは、反安倍を意図的に、国民を誘導している。
背後に、シナとか韓国の陰謀があると見るのが至当である。
     平成27年8月1日
   徳永日本学研究所 代表 徳永圀典
 

民主党は提案なく反対だけの中国シンパ

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 7月22日(水)08時26分15秒
返信・引用
  中国共産党の裏工作が活発化した頃から岡田民主党の意見が変化し、朝日新聞などメディアの論調が「反安倍へと急傾斜した」。過去と同様に、
中国の圧力で日本人は、再び国益を喪失した。
慰安婦問題、侵略問題と同様、中国の圧力は、日本の朝日新聞、左翼政党から出ている。
その結果が安倍内閣の世論調査であり、高老齢の婆さん・寂聴まで反対を叫び無知な人々と国益を損じる。
日本人の無知な歴史認識、国際的認識不測から来ている。
最も悪いのは岡田民主党だ。国賊・岡田民主党!!!

民主党の一部幹部・岡田クン、
枝野君などはどうみても「極左」
左翼労連政党で国民政党ではない。極左利益代表だ。
メディアがウソで固めて反安倍を煽っている、日本を弱体化させている。

かつて「極左」だったのに、流行らないので「リベラル」を自称していたような人が、仮面をかなぐり捨てて極左に立ち戻っている

国民よ、民主党やリベラル左翼に騙されるな!!
 

リベラル左翼

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 7月18日(土)05時24分11秒
返信・引用
  民主党などの一部幹部は
どうみても「極左」だ
左翼労連政党で国民政党ではない。極左利益代表だ。

かつて「極左」だったのに、流行らないので「リベラル」を自称していたような人が、仮面をかなぐり捨てて極左に立ち戻っている

国民よ、民主党やリベラル左翼に騙されるな!!
 

安倍総理の歴史的英断を讃える

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 7月14日(火)13時05分36秒
返信・引用
  安全保障法案は百年の計、成立しなくて日本が危ない。
民主党など戦後の社会党と同じ、今回も無知な大衆を扇動し、国際政治の地殻変動を理解できない、実に愚かな、幼稚な、廃絶すべき政党である。何れ消滅するであろう。
安倍総理、決然として成立させ、近未来20年の日本の保全確保の措置とされよ!!!    徳永圀典
 

民主党という政党は日本の国にとってよくない

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 6月15日(月)16時17分41秒
返信・引用
  橋下市長:民主との連携否定「一線画すべきだ」



 維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長は15日、自身のツイッターで「維新の党は民主党とは一線を画すべきだ。自民党と国の在り方について激しく論戦できる政党を目指すべきだ」と述べ、民主党との連携に否定的な考えを示した。

 橋下氏はツイッターで、「個別メンバーは別」としつつ、「民主党という政党は日本の国にとってよくない。なぜなら政党の方向性が全く見えない」と民主党を批判。維新の党について「空理空論の夢物語だけでは行政運営はできない。責任ある立場での現実的合理性を重視する。民主党とは決定的に違う」と強調した。

毎日新聞【念佛明奈】
 

一神教に関する考察

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 5月16日(土)10時43分2秒
返信・引用
  一神教に関して

宗教は多々あるが、一神教は一つの神的存在者のみを信仰する宗教で、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三つである。

ユダヤ教が最初にあり旧約聖書が作られた。その旧約を新しくして新約聖書としたのがキリスト教。さらに、ムハンマドがそこから作ったのがコーラン。この三つは姉妹宗教、「奉ずる神は同一」であると私は認識している。

この三宗教の聖地はすべてエルサレム。ユダヤ教は信仰を集めていたエルサレム神殿が聖地。キリスト教はキリストが教えを垂れ処刑され、埋葬され復活したとされる場所。イスラム教はムハンマドが一夜のうちに昇天した場所と言う。

イスラム教創始者・ムハンマドはメッカに生まれ、厳格な一神教を唱え、唯一絶対の神が預言者たる人間ムハンマドを通じた教えである。キリストも人間。ユダヤ教はエホバの神、全世界の創造神とされ「宇宙の最高原理」のようなものだが預言者以外には不明確な存在、宇宙空間全体の事象に帰納できるとされ、この点は日本の神に似ている。だが預言者を通じ実在感ある存在即ち人間と捉えられている。

一神教は不完全な存在の人間が絶対化されている。マルクスレーニンの共産主義、これも一種の一神教であろう。

極めて荒っぽい言い方であるが上述の神々は人間が元祖、共産主義も人間が元祖。不完全な存在である人間を絶対視しており、イデオロギー的と観てよいかと思われる。

人間とは不完全な存在、間違いや思い込みをする存在である。ローマ法王が数年前に謝罪はしたが、歴史的に一神教は異教徒を殺害しても良いとされていた。

人間は間違うものである。人間は不完全なもので、その人間の生み出したイデオロギーは失敗する、またイデオロギーでは人間は食えない。ソ連共産主義により人間性は荒廃し、その壮大なる70年に亘る人間実験が失敗して共産主義の虚構を暴いた。

大自然は絶対である。その産物である人間は、大自然の原理に素直な生き方が最適な筈だ。

日本民族の神はどうか。一言で申せば、「大自然崇拝」と見て間違いあるまい。大自然を畏れ謹み崇めて神としてきた。これを別な表現で捉えれば、大自然、大宇宙、天地自然の法則、宇宙運行の原理を神として畏れ謹み崇めることであり、元々大自然の産物である人間がその生みの親の原理に従って生きるということと同義である。これは大自然の原理に従順に生きる姿勢であり洵に天地自然の理に適ったことである。

大自然の根幹である太陽の化身とされる天照大神を崇める神道は地球の原理と同一であり、それへの信仰は絶対に間違いないこととなる。日本が連綿たる国であり続けるのはこの大自然の原理に適っているからであると改めて確信する。

人間も万物と同様、枯葉のように朽ちて消え再びこの宇宙に散華する、それが大自然の原理である。天国も極楽も人間の願望であろう。
             徳永日本学研究所 代表 徳永圀典


 

未熟な半人前連中の氏名公開

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 5月 4日(月)14時37分32秒
返信・引用
  未熟で半人前の戦後ボケ連中



憲法記念日の3日、横浜市西区の臨港パークでは「平和といのちと人権を! 5・3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」が行われた。会場には作家の半人前の大江健三郎らが集まった。

それぞれが安倍晋三首相を「安倍」と呼び捨てで批判し、集団的自衛権反対を訴えた。



戦後70年、未だに「未熟児」の幹部連中の名前は



 大江健三郎

 木内みどり

 雨宮処凛

 樋口陽一

 沢地久枝

 香山リカ

 長妻昭

 志位和夫

 吉田忠智

 山本太郎



この連中は、

70年間、占領軍に洗脳されたままの人種。

人間として自主独立不能の平和ボケ・幼稚人間。

額に汗しないで他の勤勉な日本人の寄生虫的人間。

自主で独立しないで生きて行けると思う人種。

他国に押し付けられた憲法を後生大事に守る耄碌頭。

伝統ある日本文化を棄てたい人間。

     平成27年5月4日

   徳永日本学研究所 代表 徳永圀典


 

安倍総理殿

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 5月 3日(日)15時19分39秒
返信・引用
  「中国インフラ銀行」参加大反対

安倍総理どのへ



聡明なる安倍総理には既に本質を洞察しておられる事と思いますが、中国の主導する「アジアインフラ銀行」には絶対に乗ってはいけない、乗れば大きな禍根を日本が背負い込むこととなります。

この新銀行が日米の参加で軌道に乗れば、測り知れない被害を日本が受け、窮極的には日本が中国の柵封下に入ることとなるからであります。

勿論、アメリカはドル体制に甚大な被害を蒙りましょう。目先の利害で乗れば、「ドル基軸体制」が大きく揺らぐこととなりましょう。

本件は、中国の国内経済の破綻防止策の側面が大きく、日本は大損害の危惧があります。

       反対理由



1.  中国の習近平が最近妙に日本に対して柔和なのは仮面であります。本心は新銀行に日本の参加を得て新銀行の「信用」と「資金」を確保して、将来的には、「日本の屋台骨を崩壊させ得る」ものをこの新銀行の未来が持っているからであります。

2.  この銀行は共産党一党支配の銀行と同様であり、現在のアメリカ中心の国際経済体制、即ち戦後秩序の屋台骨であるIMF体制を中国中心の国際体制「元げん基軸体制」へと進み得るものだからであります。

これは日本にとっても死活的、破壊的な意味があります。

3.  中国共産党が世界を経済面で支配する狙いがありましょう。日本の経済のみに非ず、安全保障、外交、経済面の凡てに亘り支配されることに繋がります。

4.  第一、銀行融資は「恣意的」であってはならない。倫理性ある融資態度を基本原理にしなくてはなりません。これを政治的、恣意的な運用をやれば銀行破綻に通じます。恣意的、政治的、個人的なのが「中国人の本質」であります。中国人が資本金の5割を占めるものは絶対に乗ってはならぬのであります。危険そのものであります。国益に大損害の危険を秘めている。

5.  中国は、韓国と同様、「公」の精神の決定的に無い民族であります。易姓革命の本質そのものでありますが、国民は「国、即ち政府」を信じておりません。信じるのは家族、宗族のみであり、日本のように「公」、即ち「組織」、即ち「インフラ銀行」の為という発想は無いと見ておかなくてはならないのであります。現在流布されている銀行設立条件では真っ当な銀行運営は無理であります。

6.  新銀行に関する中国の提案では、総裁は中国財務大臣程度の下っ端、これでは共産党首脳の常務委員の意向に従うことになろう。資本は5割が中国、本部は北京、主たる言語は中国語、これでは、「火を見るよりは明白」で何か起きるか明白であります。

7.  聞く処によると中国は、日本の政治家、メディアに画策しておる気配であります。政府内部、産業界、朝日新聞、日本経済新聞、などメディアも日本出資論に躍起となっている。危険極まりない国内情勢になりつつある。これは中国に近い議員が与野党に相当存在している。「福田康夫中国シンパ」なども呼応している。日本内部攪乱を指示されている連中もおりましょう。厳重注意であります。

8.  日本が参加した場合は日本は当初1800億円、いずれ3600億円にと言われている。中国の財務大臣は「西側の銀行運営ルール」が最適ではないと発言している。トップダウンを示唆している。到底呑めるものではない。新銀行運営の常務理事は各国にいるままの運営らしい、これは中国の意のままと同義語である。年一度の総会では正に中国の意のままの危険な運営となり、到底出資できるものではない。

9.  日本経済新聞は積極参加を主張している。欧米のメディアも遠隔地で危険性少なく甘い論調が見られる。無知な大衆は更に蒙昧である。この問題は、「論理性」、「倫理性」、「統治力」等々の諸点を厳しく論じねばならぬが甘いメディアである。産業界の「バスに乗り遅れる」の観点ので決定してはならぬ。

10.            第一、中国の経済は低迷し、外貨残高もどうも大きく減少しつつあり、この新銀行はそのカンフル剤として実に有効なものと洞察する。この新銀行で景気は浮上し大量の中国人の失業を回避できるのだ。その対策と、未来の金融覇権を狙って立ち上げた絶好の施策である。

11.            國際金融界で、何れこの新銀行は資金調達せざるを得ないが、日本は世界最大の資金余剰国である。狙われていると見るべきである。

12.            以上の観点から、焦っているのは中国であると観る。日本はアメリカと組み、参加しない方がよい。日米が参加しなければ新銀行の格付けも低く新銀行も低利調達は難しい、そこを狙うべきである。日本に参加して欲しいのは中国である。統治体制の厳格な樹立を確保しなくてはならぬ。

13.            以上により現時点での新銀行への出資は絶対反

対である

   平成27年5月3日    徳永日本学研究所 代表 徳永圀典
 

歴史的洞察

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 4月30日(木)17時17分18秒
返信・引用
  民主党の岡田君、まだ子供みたいな発言している。実にバカな連中だ。
安倍総理は「世界の宰相」として貫禄充分。
民主党の連中は誰も太刀打ちできぬ。眼の手術をして、おとなしくしていた方が身の為だ。朝日新聞・毎日新聞・NHKなど中国シンパが色目を中国に使っている。情けないが、これら戦後レジームで育った連中は押し込められつつあるのだ、民主党は旧社会党のように消えて行く。これが「歴史的洞察」である。
 

完璧な安倍外交

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 4月30日(木)08時16分17秒
返信・引用
  現時点で完璧な対応を成し遂げた安倍総理
国家・国民の生命財産を守るという観点、世界特にシナの「不法な台頭」を視野に入れた時、日本の安全保障が急がれる。
その時に当り、今回の安倍総理は完璧な外交の成果を得たと言える。これで完璧に近い安全を日本は得た。
一日も早い国内法の成立をしなければならぬ。
民主党の言い分など聞く必要はない。民主党のバカ政権であったらと身震いするような肌寒い思いがする。  平成27年4月29日
 徳永日本学研究所 代表 徳永圀典
 

総理官邸にドローンが墜落・・・

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2015年 4月23日(木)19時04分18秒
返信・引用
  国防、危機管理能力を高めなければいけない。

本日、無人偵察機の『ドローン』が、総理官邸の敷地内に
墜落したそうである。ドローンについていた容器から
放射線物質のセシウムが検出されたとのこと。

誰が何の目的で、
この無人偵察機を官邸に飛ばしたのか?

反日勢力、外国人勢力等この種のテロを行う
連中は確かにいる。テロである可能性は大いにある。

また別に政府の対応を疑るわけではないが、
21日に日本テレビの、情報番組ミヤネヤで、
タイミングよく?このドローンを取り上げていた。
メリットとデメリット。

テロに使われる可能性も言及していたが、その翌日に官邸に
ドローンが・・・・極端な話、日本政府がドローンを
規制したいために、わざとドローン騒動を起こしたとも見れなくもない。

セシウムが検出されたが、それが人体に影響のないレベルだそうだ。
テロの可能性は排除できないが、やったことは大胆でも、被害や危害を
想定した場合、死傷者は出さない程度のテロをしたということか?
一部の反原発の、歪んだ思想の持ち主の警告なのか?

どちらにせよ、ビックカメラ程度で無人偵察機が、
誰にでも手に入れることができる、野放し状態というのはよくない。
法律で規制するのは、やむを得ないだろう。
 

平成のオオバカ男

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 4月22日(水)05時52分39秒
返信・引用
  オオ馬鹿男の名前は

鳩山由紀半島、河野軟弱、岡田負也、
枝野革マル、翁長女賎
 

得体のしれないソフトバンクのCM

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2015年 4月21日(火)17時58分49秒
返信・引用
  TVを視聴して思い出したのが、
ソフトバンクのCM。ご存じの方も多いと思います。

他の方も指摘されたことも、あろうかと思いますが
改めてあの薄気味の悪いCMを思い出すと。

父親が犬。息子が黒人。そしてなぜか愛想のない娘。
気分を幻滅させるBGMを毎回流すのが非常に不快である。

ソフトバンクといえば、社長が在日朝鮮人の孫正義。
このCMが気になった愛国の士は、これは
日本を貶めているのでは?と強い不信感を持っております。

父親は一家の大黒柱。それを犬で表現。その父親の息子が、
黒人で表現。黒人で悪いことは無いが、悪い方向で意味ありげである。
そして上戸彩演じる娘は、愛想のない皮肉屋で終始かわいげがない。
こんなCMがもう10年近く垂れ流されている。

考えすぎ?かもしれないが、情報を流す方に悪意がある
なら日本人は怒らなければならない。感度を高く持ちたい。
 

民主党に未来は無い

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 4月21日(火)07時50分57秒
返信・引用
  だから、いけないのだ枝野君



民主党の地方議員選挙は決定的「大敗北」である。



当然である。

だか、枝野君初め、民主党の「口だけ人間」には分かっていない。

例えば、本日の枝野君の発言である、



「おととしの衆議院選挙でのマイナスから再出発したが、党勢は底打ちをして戻しつつある流れはできたと受け止めている」と述べました。
そのうえで、枝野氏は後半国会について、「少なくとも安全保障法制は、過去の経緯や中身の大きさを考えても、相当、慎重な審議を行うことが必要だ。労働者派遣法の改正案にも、2回の国会で廃案になった経緯があるので、それを踏まえた対応がなされなければならない」と述べ、安全保障法制の関連法案や労働者派遣法の改正案などの審議で、政府・与党と厳しく対じする考えを示しました。



この連中は国民を肌感覚で分かっていない。

また、分かろうとしないようである。



なぜ分からないのか、それは枝野君初め、みんな労組幹部という特権階級で「食ってきた」からである。

それは、政権党になって責任ある地位についても日本人を食わせるすべを知らなかった、労組幹部はトップとして企業を食わせるノーハウを持たないし経験が皆無で必然の帰趨であった。

日本の安全、国民の安全など、どうでもいいのだ。

正に左翼・反日の「亡国政党・民主党」と指弾したくなるのである。



国民は、民主党では、「食っていけない」、「景気は上がらぬ」、株も上がらぬと肌感覚で知ってしまつた。



この民主党は、「魅力のない青二才な人間の集団」と今回の選挙で決定的判定を下したのであろう。



岡田君、眼病では総理の激務は一日ももたぬ、安倍総理のような活躍など到底不可能、岡田君、日本は「岡田君をお呼びではない」と悟った方がいいと思う。



民主党に未来は「無い」。



一日も早い解党により国民政党へと出直ししか生きる道はないと知るべきだと思うのだが。



        平成27年4月13日



       徳永日本学研究所 代表 徳永圀典
 

帰化人・李小牧問題について

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2015年 4月16日(木)19時51分7秒
返信・引用
  シナ朝鮮びいきの東洋経済が記事にしていたが、
非常に日本の行く末を案じる内容である。

今年帰化した、日本在住27年のシナ人が
新宿区の区議に立候補する予定である。
国籍を取得したということで、元・外国人といえども
立候補すること自体『合法』であり、違法ではない。
建前上、彼は『日本人』であるからだ

彼が立候補して政界入りをしようとする
その目的だが、外国人と日本人の架け橋になるという、
日本人ではなく、外国人の代弁者になろうというもの。

まさに日本の解体が真の目的であろう。
嘘でも日本に命を捧げますと
言わないところが、まだ正直なところか・・・
民主主義という政治体制を利用してシナ人の
利益の拡大を図るのが彼の真の目的である

外国人全般に言えることだが、特に『特亜』は民族意識・
利権意識が強く移民しても現地の人間との軋轢が多い。
米国でも似たような現象が起こり、米国人の利益とは違う
シナ人にとって都合のよい利権を得ようとしている。

我が国の国体と相いれない『とつくにびと』に国籍は
元より選挙権を与えてはいけない。東京都民が健全な
民意を反映し、このシナ人を区議にしないことを願う。

●東洋経済オンライより

東京都新宿区の区議会選挙では、
異色の“日本人”が立候補する予定だ。それが、
李小牧(り・こまき、リ・シャム)氏である。
日本在住27年、留学生として来日した後、同区内にある
日本一の歓楽街・歌舞伎町の「案内人」として著書も多数あり、
日本でも知名度が高い人物だ。李氏は今年2月に
日本国籍を取得したばかり。なぜ李氏は今回の地方選挙に出馬するのか。
李氏の胸の内を聞いてみた。

――日本国籍を取得してわずか2カ月。日本国籍者として早速の権利行使です。

すべては私の好奇心からです。私はもともと好奇心が強い人間。
そして、日本に住みながら日本と中国のことを
考えてきたのですが、その考えと好奇心が立候補へと押し上げました。

そこで自分の周りを振り返ってみたのです。私がベースにしている
歌舞伎町には多くの外国人がいます。新宿区の人口は約32万人、
その1割超が外国人です(2015年3月現在)。

歌舞伎町だけでなく、新宿区には多くの外国人が住み、
日本国籍を取得した人も少なくはない。そう気づいた時、日本国籍取得者
をはじめ外国人を代表するような人がいないのではないか、と思ったのです。

現実的に、外国人が住んでいる。でも、日本人との接点は少ない。
日本には国会でも外国系日本人の議員はほんのわずか。そこで、
私のような日本経験が長い人間が彼ら外国人の代表になれないか、
日本人との架け橋になれないかと思いました。

 ――これまで中国人が日本国籍を取得して立候補するケースはないですね。
立候補だけでも異例、さらに選挙に当選したらビッグニュースです。

 そうなると思います。それは、日本よりは中国で大きなビッグニュースになるでしょう。なぜなら、中国人は私が立候補したことさえ簡単に理解できないと思います。中国にいれば経験することはおろか、見聞きしたことさえないのですから。日本に住んで日本国籍を取得すれば、投票ができて、しかも立候補できるということ自体、なかなかわからないでしょう。
 

朝日問題は終わらない

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 1月14日(水)06時39分50秒
返信・引用
   朝日新聞を弾劾する

社長辞職で朝日新聞問題は終わらない。
朝日は日本人の誇り・国家名誉の回復の為、何をするか、国民は注目し続ける!!

何故か
1.朝日新聞は「国民の敵」となった。
2.理由は、日本の名誉と国益に大損害を与えた。
3.それを償うことなくして国民は許さない。
4.それには、資産を投げ打って世界の誤解を解く努力が必要。
5.委員会の形式的謝罪では終わらない。
6.戦後虚構の責任者であり「朝日新聞は廃刊」が必要。
7.朝日新聞は「偏向した政治工作機関」として中国や韓国に貢献していた。
8.朝日新聞の販売店は苦悩し揺れ動いていると聞く。
9.最早や、傲慢不遜のインチキ新聞だとの定評が国民の間に浸透拡散し朝日は凋落し報道機関としての信用を喪失した。
10.全資産を名誉回復に投げ打たねば存立を許されない。
平成26年11月1日
徳永日本学研究所 代表 徳永圀典


    慰安婦問題は特定政治勢力の日本叩き
 

日本人の自然観に世界が注目

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 1月 8日(木)05時34分53秒
返信・引用
  日本人の自然観、生活様式に世界が注目!

敗戦後70年、日本は平和の中で、二千年の歴史的蓄積の上に、さらなる近代的・先端的蓄積を加味しつつ、世界の最先端を進んでいると思える。

その証左

1.   毎年のようにノーベル賞受賞者を輩出している日本。これは、戦後新興国家である中共とか韓国に受賞者のいないことの深い意味と決して無関係ではない。日本人には連綿たる歴史的素養が国民に蓄積されている、彼ら両国民にそれは存在しない。

2.   敗戦後70年、この間、日本人の生活様式、日本文化の海外輸出は年々増え続けている。

寿司、盆栽、お弁当、「旨み味」、水洗便器等々数え上げれば際限がない。果物、野菜なども遥かに水準の高いものが輸出されて注目されている。

日本人の関与するものは質が高い、それは日本人の質が高いことが背景に存在する。

何故であろうか。それは日本人の生活が、人間生活の理に適っているものがあるからであろう。

世界一レベルの高い人間が均等に教育水準を受けており、しかも生活のあらゆる分野にまで、工夫に工夫を重ねる性質があるからで、またそのレベルが益々向上し、それは世界万人に快適性を付与するものがあるからであろう。今後も益々日本人は人間生活の快適最先端を走って行くであろう。

古代・縄文時代の土器も世界最先端、最古のものであった。日本人の歩んできた蓄積ある二千年の歴史、21世紀の現代も人間生活向上の最先端を歩むのは必然である。

日本人は自信を持たねばならぬ。中共とか韓国は、戦後に出来た新興国に等しいものがある。彼らは広く高い知見がない野郎自大だから分からないのだ。

そこで、本年、岫雲斎84歳を迎え、乾坤一擲、この「凄い日本」を掘り下げて提供する念を強く抱いた。本年のホームページはこれに集中する。

1.   日本人の自然観

この「徳永日本学」の根底にあるのは、矢張り日本人の大自然観である。

東北大地震、あの時、日本人の見せた行動の秩序正しさ、忍代強さ、その背景にある日本人の考え方に世界は関心を寄せている。

それは日本人の自然信仰のことであり、日本人の神と深く関わっていると彼らは推察しているのだ。

更に言えば、神道がキリスト教に取って替るものかも知れないということではなかろうか。

東北地震の時の日本人の行動様式こそ「人類に必要不可欠な思想」だと真っ当な人間なら、そう直感して不思議ではないのだ。

なぜ日本人にそれができたのか。

自然現象に対して、シナ人や韓国人のように、泣き喚いたり、泣き叫んだりしないで、日本人のように、自然を受け入れることの必要性を西洋人も感じているフシがある。

西洋人のように自然を征服するという思想ではなく、日本人の信仰は、

自然を受け入れる、

自然を信仰する、

自然を信じる、

自然を信頼する、

ということが欧米人にも分かってきたのであろう。

欧米人の思想の源泉は

自然を支配する、

自然を破壊する、

自然を統御する、

であったがその反省が見られ始めたのだと私は思う。その端緒が東北大地震の時の日本人の行動であったのだ。

日本人の思想は自然をそのまま受け入れることにある、これは地球が人間の自然破壊により地球が牙を剥いて向かってきた現実がさらに深まれば、その帰趨は明白に「自然を大事に、自然を恐れる」という日本人の思想に帰着するであろう。

2.   日本庭園

日本庭園こそ西洋式庭園と根底的に異なる。「日本人の自然観」が如実に溢れている。その相違を検分してみよう。

ベルサイユ宮殿

典型的な西洋式宮殿と庭園の人工性、

1.   徹底した、左右対称

2.   地平線まで続くように平らな空間、

3.   植え込みの幾何学的刈り込み、

4.   樹木も直線的、円状など規則性、

5.   草花配置も反自然的配置。

6.   噴水

これらから推察できる西洋式庭園の哲学は

1.     人間の自然超克

2.     自然支配、

3.     水を上に上げる噴水は自然には無い、

4.     自然と人間の対立する視点

これに対し日本庭園は

1.   自然をそのまま取り込んでいる、

2.   小川は自然そのまま、くねって流れる

3.   その水の流れる池も自然そのまま

4.   植生も自然、枝ぶりも自然のまま、

5.   剪定はするが自然に似せ、近づける、

6.   徹底して作為を隠す。

日本人の感覚は、自然との強い親和性、自然と対立しない日本人の感性がみられる。ここが西洋と決定的に異なる。自然に似ていると日本人は美しいと感じ、気持ちが安定する。ここに日本人の心がありこれにより日本人の心は安定するのだ。

この点の西洋人との違いは哲学的な相違を生み出す。

眼には眼を、歯には歯を、これは復讐の意味で使われている、旧約聖書・エジプト記に言葉。これで決して人類の平和は有り得ない。現在の中近東での絶え間ない争乱・紛争には絶望を覚える。いずれも一神教民族の争乱である。イスラム、キリスト、中世までは神の異なる民族は殺してもよかったのはキリスト教の歴史的事実である。世界平和は程遠いのである。ノーベル平和賞などで、せぬよりましだが根本的な思想の根拠である民族の神で行き詰まる。民族の神を否定するものではないか、日本の神様の平和な在り様には思わず感謝したくなる。有難い日本民族と思える。

日本の神様とは自然信仰そのものである。

それは万葉集にてそれが分かる。日本人がわかる、日本人の宗教観、哲学、思考が凝縮されていると思える。

天地、あめつち、という表現が実に多く使われている。
           平成27年1月元旦   徳永日本学研究所
 

日本の原理は地球の原理 

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 1月 2日(金)16時35分57秒
返信・引用
   日本の原理は地球の原理

敗戦後、今年で70年、廃墟の中から立ち上がった日本、現状を総合的に戦勝諸国と比較して見れば、日本の素晴らしい発展と進化を続けた現実に目を見張る思いである。

私は、なぜ日本が常に進化し発展し、日本の文明が世界中へと大きく流れて愛されているのか、それは、「日本民族は、この大自然を神様として崇めている」からだと思う。別の言葉で申せば、日本民族は、地球の原理と共に生きているからだとなろう。

更に、別の言い方をすれば、「大自然に素直な生き方」をしているからである。大自然の生き物の一つである人間は所詮は大自然に従わねば生きられないのである。日本人は、生態系に素直に生きているのである。

表現を更に変えて申すと、たかが70年しかこの大自然に生存できない人間の考えた「イデオロギーでは喰えない」のである。人工的なレーニンのイデオロギー・共産主義も、社会主義も、人間を本当に幸せにしていないのである。

日本民族が、したたかに生きられるのは、このような地球の原理に沿った生き方を有史以来しているからである。日本は、大自然国家なのである。

天照大神は大自然の根幹である太陽神である。その子孫である天皇を中心に肇国した先人の叡智に感動する。

有り難い国・日本だが、敗戦し、欧米の原理、即ち大量生産・大量破壊の原理が過去500年続き地球破滅を誘導してきた。

地球の乗組員である人類は、今やその地球の反撃報復が日に日に迫り大災害を受けつつある。

ここに気づいたアフリカの為政者が「もったいない」に気づいた。

東北大地震と大津波でも、日本人被災者の姿勢は世界を驚かせた。

日本人の生活の有り様が、どんどん世界に向けて流れている。それは冷静で豊かな人間らしい感性に充ちているからである。多くの外国人に「クールジャパン」と言われる現象が起きているが、日本文化の原理は大自然の原理であり人間性に合致しているからである。

占領軍により吹き込まれた思想・自虐史観を大事に、守ってきた朝日新聞、日教組、岩波書店、官公労労組等々、一時は「革新と言われた社会党、現社民党」なども生きているのか死んでいるのか息絶え絶えである。朝日新聞の嘘つきぶりが暴露された。戦後左翼の「利権構造」もいずれ破壊されるであろう。

最近の若い人ほど、肌感覚で、本物の日本を分かり、純正日本人になりつつあるように思える。

それは、日本の原理が理解されてきたからである。

上述の自虐史観に溺れてきた朝日新聞等々、古事記を否定してきた左翼も、現実に、伊勢神宮の遷宮とか、出雲大社の遷宮とかを見て、日本の歴史の素晴らしさを理解してしまった。

あの出雲大社の若い神職が、自分の先祖は、天照大神の次男の後裔ですといった。日本の神は人間なのである。神々の国と発言した森総理が辞める理由など無いのである。無知で幼稚な反日の面々は偏向しているのだ。朝日新聞等々左翼の罠に嵌っただけなのである。

神話の国かと思いきや、チャイナやコリアに出たこともない、ノーベル科学賞受賞者は年々有りて、世界の最先端技術国として更に進化発展しているのだ。

このような素晴らしい日本人、

私は、今こそ、「世界に教える日本」となっている事を特筆大書する。日本文化は「平和文化」であり「世界平和に相応しい文化」だと自信を持つべきだと申したい。

更に、歴史の軌跡を回顧してみよう。

世界は、コロンブスのアメリカ大陸以来、白人主導の地球であり多くの植民地を白人の国々が所有し、搾取の限りを尽くした。

この白人至上主義に終止符を打ったのが日露戦争の勝利であった。エジプト出身のガリという国連事務総長は来日の度に東郷神社に参拝した事を知る人は少ないが日露戦争の役割は世界史上の大事件であったのだ。

大東亜戦争、この戦争を契機に、「世界の在り様」が激変したことも認識するべきである。白人諸国の持つ植民地が凡て解放されて独立したではないか。これは人間にとり正しい方向を一段と進めたのだ。           徳永日本学研究所 代表 徳永圀典
 

ふざけるな小沢一郎

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2015年 1月 1日(木)15時29分26秒
返信・引用
  地に落ちたカエル、小沢一郎の醜さ

この男・小沢一郎とは、情けないような男である。

転々と政党を、とっかえ品を替えるように議員をやっている。全く税金泥棒のような男だ。

青二才のように若手で、政権党の自民党の幹事長までやり、宮沢喜一を呼びつけて面談し、次期総理の品定めまでした男だ。

以後、次々と新政党を作っては破壊して、聞く処によると現在の政党は八番目とかである。

そして、今回、政党要件を失い億単位の助成金を得るために、あのバカ男・山本太郎を丸め込み九番目の政党を結成した。名づけて、生活の党と山本太郎となかまたち、だと、ふざけるな一郎だ!!!!!

小沢一郎は、政治家として、国家・国民のために、何一つ貢献しておらない。

それどころか、あの醜い顔を生かして、バカな議員連中など400名を連れて北京に乗り込み、恰も、朝貢し臣下の礼をするようにチャイナの習近平主席に伺候した日本国に不忠な男である。

まだある、習近平を天皇陛下に拝謁させるために、慣習を破り宮内庁を脅迫した、誠に日本の為にならない男である。

日本、日本人のために、何一つ貢献の無い男であった。

民主党という日本破壊政党と組んだが嫌われた。今回、落選すればいいものをまた助成金を得ることとなつた。

こんな男を担いできた日本の議員連中は、辞職を以て国民に謝罪すべきである。

小沢一郎は、単なる「不動産利権屋」に過ぎない、あの面は正にその通りの面である。

岩手県民は恥ずかしくないのであろうか。

        平成27年1月元旦

 徳永日本学研究所 代表 徳永圀典
 

名宰相として、靖国神社を参拝すべし!!

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2014年12月31日(水)17時55分36秒
返信・引用
  今年もあと数時間で終わる。
しかし、今年終わらせていないことが
あるのではなかろうか?

保守層もすっかり忘れているようだが、総理大臣の
靖国神社参拝。現在安倍総理が参拝する、したという情報は
耳にはいってこない。

思い出すのは、習近平と会談する際の前提条件。
靖国神社を参拝しないという密約である。

密約という表現は適切ではないだろうが、
今年はとうとう参拝しないで終わらせるのだろうか?

それとも来年は戦後70年なので、
来年の8月15日に参拝をするつもりなのだろうか?
安倍総理の行動は支持しているつもりだが、
不信を持つときは批判を行う。

憲法改正のための下地作りが最優先なので
いまは忍耐して先延ばしをしている・・・・
もっともらしい理由でもあるが・・・・

どうされるんでしょうかね?
 

安倍総理は名宰相だ

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年12月15日(月)08時20分29秒
返信・引用
  日本人の良識が勝利した。当たり前だ、
まともな綱領もの無い無責任民主党に
国家運営を一任したら、大混乱の末、
チャイナに懐柔され、
チャイナの隷属国と化し、
日本崩壊の道をたどったであろう。

サンケイ以外のNHK、朝日新聞等を初めメディアは反日へ偏向しており、
真実を報道せぬが
安倍氏は世界の名宰相だ、
オバマ、習らを遥かに越えている。

安倍総理は謙虚だ、アベノミックスで
第三の矢を完遂し、憲法を改正し、
安全保障の万全を期して
自前の日本国への道を進むべきだ。
平成26年12月15日
徳永日本学研究所 代表 徳永圀典
 

今回の選挙は重大だ

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年11月29日(土)09時19分35秒
返信・引用
  今回の衆議院選挙で
日本の未来は決定的に決まる

安倍氏は世界の名宰相だ、
オバマ、習らを越えている!!

野党には人材・人物不在、未熟な連中ばかりだ!!
無責任だから人物になれないのだ!

 

大義を言う政党とメディアの欺瞞

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年11月23日(日)06時19分40秒
返信・引用
  大義を言う政党とメディアの欺瞞



大義と盛んに言う民主党と、朝日新聞などのメディア、これは「無知な国民を扇動」するものである。

民主党とか野党、それに飛びつくメディアは、実にいい加減な、それこそ民主党や朝日新聞の手法に酷似しており、選挙に利用しているのだ。



では、朝日新聞とか大義を言うメディアに聞く、

「報道機関の大義は何にか?」

それは「真実を報道することである」

朝日新聞などは、「ウソを30年垂れ流したまま」である。他のメディアも似たり寄ったりだ。

自分のことを棚に上げるなと指摘しておく。



では、「政党の大義は何か?」

それは「政策を立案し国益・国民の為に国会に出席することである」。

今回、解散前や、いろいろ自分勝手に欠席している議員や政党は「国会議員としての大義を放棄している」のだ。大義を叫ぶ資格はない。



メディアや、政党や、国会議員が大義を叫ぶなど、

国民を愚弄するものである。



自分の都合のいいように叫ぶ彼らの「オツムの程度」が分かるのである。



それは、反政府、反日の、都合のいい、国民愚弄の戦術である。



自分のことを棚に挙げて大義を叫ぶ連中こそ、国民のためにならぬいい加減な政党であり議員と断定する。



まず、己を省みよ!!!!



          平成26年11月23日

 徳永日本学研究所 代表 徳永圀典




 

民主党やメディアが大義なんてバカバカしい

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年11月21日(金)06時03分38秒
返信・引用
  国民は国益を損じた
民主党を許さない、

日本国は任せられない!!
大義なき民主党発言!!

政治家やメディアに大義などと
言わせてたまるかい!!!
メディアこそ大義など皆無だ!!

民主党政権時代のデタラメさは
まだ記憶に新しい。
民主党は日本の為にならぬ、

第一、政権を担う人材・人物が皆無。
第二、国家的根幹政策が確立していない。
第三、国民政党でなく労組の政党である。

枝野と極左暴力集団(革マル派)の関係
 

facebook  紹介

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2014年11月15日(土)11時10分24秒
返信・引用
  石川 久遠

12時間前 ?
.
《アイリス・チャン、マイク・ホンダ…米国議会、国連人権委員会は冤罪事件の確信犯である》

米下院での慰安婦決議の推進役だったマイク・ホンダと中共系の「世界抗日戦争史実維護連合会」との資金面での絆は、民間の選挙資金調査機関「有責政治センター」の記録でも明白である。 2006年度はホンダへの寄付37万ドルのうち30%相当の11万ドルが中共系からだった。意外にも韓国系からは1万ドル以下である。

そもそもマイク・ホンダが日系という証拠は本人証言以外には何もない。奇遇な事に、この点はホンダがご執心の慰安婦の老婆達と一緒である。彼の公式HPは複数の言語に対応しているが、昔から一貫して日本語に対応していないのが気にかかる。こんなところからも日系ではないと疑われて当然だ。


日本叩きの黒幕が実は中共であるのは資金の動きからも明白である。
「ザ・レイプ・オブ・南京」を書いた故アイリス・チャンも韓国同様、中共の捨て駒であった。彼女は米国に生まれ育ちながら、徹底的に中共に傾倒していった。ところがアイリス・チャンは2004年11月9日の朝、自家用車の中で謎の拳銃自殺を遂げる。

自殺の前年に出版した『The Chinese in America』 第1章には「併しながら、中国の真の偉大さはその大きさや広がりにあるのではなく、その年月(つまり、連綿と続く文明と、損なわれる事の無い慣例および伝統の5千年間)にある。多くの歴史家によれば、中国国家は地球上で最も古い、機能する組織体である」との記述がある。

アイリス・チャンは偉大な中国を夢見ながら、現実の中共を知る事となる。「連綿と続く慣例と伝統」が実は中共によって断ち切られた事を知る。
また、彼女の自殺は、米国の原爆投下を相殺する為の創り事である「南京大虐殺」を書かされた自分を、操り人形と認識して悩んだ結果であるとも言われている。真実を綴ろうとして中共〈若しくは米国〉に消されたと言う説すらある。

米国の単純な一般大衆、特に単細胞の〈白人女性〉にとって「女性への性的人権侵害」は無条件に受け容れられた。自らの先祖がごく最近まで有色人種の女性をどれだけ陵辱してきたかなど気にはしない。何故なら有色人種の人権など、元々白人は気にもとめないからだ。そうでなければ、奴隷制度や植民地主義を恥じている筈である。よくも人権などと言えたものだ。

アイリス・チャンは〈白人女性が敏感に反応する言葉〉「レイプ」を効果的に使用した。「南京大虐殺」ではなく「ザ・レイプ・オブ・南京」としたのである。それに目をつけた「世界抗日戦争史実維護連合会」にとって韓国は都合の良い駒であった。

資金面は「世界抗日戦争史実維護連合会」(中共)が持つから、韓国は(従軍)慰安婦をレイプ被害者として米国で訴えよ。「性奴隷」と言う言葉はこの文脈上で生まれたのだろう。

性的被害は訴えたもの勝ちの傾向が強い。よほど迅速に、綿密に、強硬に、毅然と反論しない限り、証拠無き被害者に同情が集まる。この点で日本政府は致命的失敗を繰り返した。

先ず、証拠を確認する事無く謝罪してしまった。そして民間からとは言え賠償金を支払い、それに輪をかけて内閣総理大臣が詫び状まで書くと言う失態を仕出かした。その後は無作為という罪を犯し続け、現在の安倍政権に至る。

今、安倍首相がやらなければならない事案は山ほどある。その中の一つがこの慰安婦問題の解決である。一代の政権でケリをつけられる程、この問題は軽くはない。安倍政権にできる事は「反論を始め、解決への筋道をつける」事だ。冤罪を認めてしまい、30年以上放置してきたツケは余りにも大きい。倍の時間をかけてでも日本は冤罪を晴らし、名誉を取り戻さなければならない。

冤罪を晴らす為には、政府任せではなく、我々民間が「高い意識」を持たなければならない。常に政府の背中を押し続け、証拠を収集・整理し、ひとり一人が専門家になる気概が必要である。成果を発表するにはインターネットは格好の場となろう。ここでは敵とも戦わなければならない。反日日本人、在日韓国人とその関係者、そして最大の敵、中共と米国。

「河野談話を見直さない」と苦渋の発言をした安倍首相を責めてはいけない。安全保障上の中共の脅威には当面、日米安保が必要である。米国は敵であり欠くべからざる味方でもある。その米国の圧力を受けながら「河野談話の検証」を成し遂げた。

「談話を見直さず」は高度の政治判断である。談話検証の意義は大きい。安倍政権には確たる意思があるように見えなくもない…。我々一般国民はそれを信じて、地道な努力を積み上げていくべきだろう。

民間にできる事の方向性ははっきりしている。米韓が今、腫れ物に触るように無視し続けている「米軍慰安婦問題」を声高に叫ぶ事である。合わせて、レイプ大国、売春婦輸出大国という韓国の真の姿を暴く事だ。

日本人の精神風土には合わないが、一大ネガティヴキャンペーンを張る事だ。ヘイトスピーチに費やすパワーを韓国の嫌がる事に集中したらどうか。「韓国 米軍慰安婦を救え」「レイプ認知件数が日本の43倍もある」「売春婦輸出大国 韓国」のプラカードを持って韓国大使館前で海外メディアに取材させるのが、韓国が一番嫌がる事だろう。
__________________________
 

日本の混迷は明治維新と吉田松陰の責任?

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2014年11月14日(金)19時49分3秒
返信・引用
  週明けにも安倍総理は解散を決断する模様ですね。
消費税増税を2017年に延期するそうで、なおさら本当に
選挙を行うならその大義は?政局が混乱しないことを祈るばかり。

さて、来週ではなく来年の話になりますが、来年の大河ドラマ『花燃ゆ』
主人公は、吉田松陰の妹が主人公というもので、ここ数年女性主人公が続く。
民主主義の限界を見るにつけ、どうも長州藩というか、吉田松陰に対しても
否定的にとらえるようになりました。

保守派の中には明治維新を称賛するがあまり、
否定的にとらえたくない空気がただよっている。

政治の混乱の原因は民主主義体制にある。
近代日本の政治体制がどこから、おかしくなったのか?
遡れば『明治維新』に行き着くのではないかと感じ始めております。

封建体制から民主主義体制への、変化は必要だったのでしょう。
しかし前近代的とか因習と称して、日本人としての
気構えを忘れ去ってしまったのもこの時代なのでは?
近代化は必要でも、制限的民主主義にするべきであった。

尊皇攘夷を掲げて徳川を倒した、薩摩・長州、土佐、肥後
西洋列強に弱腰と批判し、徳川では日本を守れないと立ち上がり、
明治政府を樹立したまではいいが、結局していることは、
似非尊王と攘夷の不履行であり、ミイラ取りがミイラになり、
西洋にかぶれ、媚びるという始末。吉田松陰の教え子たちの
行いを冷静に観察すると、無暗に称賛ばかりもできません。

キリスト教を容認してしまったのはやむをえないとしても、
共産主義等の反国体勢力を生み出してしまった。

いたずらに西洋にかぶれた結果、皇室の存在まで危なくなっている。
昭和天皇が廃止されたとはいえ、一昔前なら側室制度等があり
皇統の維持にとり必要な措置を取ることができました。
民主政治となった今日、皇室だけは特別だという考えを
一般の国民に教えるのはかなり難しい状態になってしまいました。

どこぞの国家よろしく、国民の税金で皇室を維持しているなどという
身の程もわきまえない馬鹿たちが増えてしまいました。

別に明治の元勲たちが『想定していた』訳ではないでしょうが、
皇室の置かれている立場は、いつでも『国民の意思』があれば
解体できるという状態になっているのではと危惧しております。

薩摩と長州のした革命は、長い目で見れば『尊皇攘夷』を掲げた
皇室解体工作はなかったのかと。『朝廷』をなくして『明治政府』と
して吸収したのがその一歩であったか?

徳川幕府は260年に及ぶ太平の治世を現出させた。
民主主義は明治政府が70年足らず、戦後は67年で混迷混乱。
まだ合わせて140年程度である。世界情勢、海外との戦争等考慮
すべき違いがあり一概に比べることは出来ないが、徳川幕府の治世を
学び直すべきではなかろうか。  
 

facebookの記事紹介 ②

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2014年11月11日(火)06時12分20秒
返信・引用
  石川 久遠

11月9日 20:54 ?
.


《朝鮮民族のケモノ性と「在日は強制連行されてきたと言う大嘘」への反論》

1910年、日本は国際法に則って大韓帝国を併合した。当時の大多数の朝鮮人は大喜びしたと記録は語る。1945年、大日本帝国の敗戦により、日本人として35年間過ごした朝鮮人は、棚ぼた式に独立を果たし、大韓民国を名乗った。この時、ほぼ総ての朝鮮人は日本人に対して獣(ケモノ)の牙を剥き出した。

満州からの引揚者の多くは、日本が統治していた朝鮮半島経由なら安全だろうと考え、着の身着のままで朝鮮半島に差し掛かった。そこで日本人は朝鮮民族の本質を思い知らされる事となる。


引揚者の多くは朝鮮人に殺され、強姦された。朝鮮の地で多くの孤児を引き取って、養い親をしていた日本人夫婦が、敗戦と同時に孤児どもに養父は撲殺され、昨日まで母と慕っていた養母を集団強姦の上、惨殺した話は余りにも有名である。(和夫一家 殺害事件)

日本人残留孤児が、中国に生き残っていて朝鮮半島には一人も居ないのは不自然である。中国では日本人孤児は貴重な働き手として、苦労しながらも命を繋ぐ事ができた。朝鮮半島では日本人孤児は、中国人に売り飛ばされるか、買い手が付かなければ、殺されたのだろう。惨い民族だ。

引揚者の女性は、朝鮮人による強姦を恐れ、髪を切り、顔を汚し、男装をした。そこまでしても、引揚げ船に乗り込んだ日本人女性の多くは、朝鮮人に孕まされている場合が多かった。何しろ現在の韓国でも、強姦認知件数は日本の43倍もあるという。(呉善花 氏)

とにかく朝鮮人は強姦が好きな民族である。引揚船に乗り込めても、朝鮮人に孕まされた強姦被害者のある者は、船から身を投げ、何とか日本に辿り着いた女性達にも、麻酔薬も満足に無い堕胎手術が待っていた。二日市保養所が有名である。ここでは多くの女性が命を落とした。(二日市保養所は、福岡県筑紫郡二日市町にあった厚生省引揚援護庁の医療施設)

敗戦直後、日本には約2,000,000人の朝鮮人が居た。彼等は徒党を組んで戦勝国民と主張し「朝鮮進駐軍」を僭称して、蛮行の限りを尽くした。駅のホームで、路上で日本人を撲殺し、至る所で集団強姦を犯した。役場や警察署までも襲撃し、無理難題を主張し、権利(特権)を獲得した。(当時の警察官は拳銃を持つ事を禁止されていた。丸腰である)

GHOは日本人に対して、朝鮮人に逆らってはいけないと指令を出していた。主が疎開中の空き家を見つけると、勝手に侵入し、住み、居座った。朝鮮人経営のパチンコ屋・金貸し・焼肉屋の多くが、地価の高い駅前一等地に在るのは、その為である。彼等が徒党を組んで、好き勝手に居座る事を止めさせる事はできなかった。

-----------------

日韓併合中に来日していた朝鮮人は、約2,965,000人に上る。彼等を来日朝鮮人と呼ぶ。その内、自由渡航者は約2,208,000人。留学、結婚、就職など自由意志で渡航してきた者だ。統計にあがらない、残り約25%は密航者であろう。

1939年、支那事変が勃発し、日本人の多くが兵役に服した結果、労働人口が減少した。その穴を埋めたのが朝鮮人の働き手である。勿論、強制連行などしていない。朝鮮人の就労斡旋は官民二つの方法が採られた。

当初は殆んどが「民斡旋」で、当時の花形産業である炭坑夫の募集が多かった。これで来日した朝鮮人は147,000人である。戦争が拡大すると民斡旋だけでは足りず、官が乗り出した。朝鮮総督府による「官斡旋」である。1942~44年の間に300,000人が集められた。

「民斡旋」「官斡旋」合わせて447,000人である。勿論、強制連行などではなく、給与や待遇も朝鮮より良いから、これだけの希望者が集まった。残り220,000人が朝鮮半島で発令された「徴用令」にるものである。

「徴用令」には強制力が伴うが、これをもって「強制連行」と呼ぶのは暴論である。当時、朝鮮人は日本人であった。国が必要とする労働に服する事を「強制」と言うだろうか?普通は「義務」と言う。国民には等しく労働の義務が課せられているのは、当時も現在も同じだが、それを「強制」などと騒ぐ者はいない。

ここまで、ざっと足し算をすると、約2,655,000人が「正式に」日本に渡航してきた事になる。始めに述べた来日朝鮮人、2,965,000人との開きは、不正渡航者(密航者)という事になる。310,000人も密航して来るのに、何でわざわざ「強制連行」などの必要があろうか?

日本の敗戦時、在留朝鮮人は、約2,100,000人居た。帰国事業で、約1,500,000人が半島に帰って行った。残り600,000人は帰国に応じなかった。当時の首相、吉田茂は『朝鮮人は7割は職にも就かず、悪い事ばかりする。日本人の子孫にツケを残したくないから、帰国費用は日本が負担するので、朝鮮人は全員、半島に帰したい』…とマッカーサーに陳情した。(書面も残っている)併し、聞き容れられなかった。

1959年の朝日新聞には、外務省の調査による当時の「徴用朝鮮人」の人数の記事がある。そこにはハッキリと245人とある。この245人は帰国事業に応じなかった約600,000人に含まれる。これの何処が「強制連行」などと言えるのか?

NHKの「ニュースウオッチ9」の大越健介キャスターは「在日コリアン1世は強制連行で苦労した方々」という趣旨の発言をした。嘗て、反日活動家の辛淑玉はテレビで日本人に向かって「在日は貴方たちが強姦して出来た子」と言ってのけ、司会の田原総一朗始めスタジオ参観者は誰一人反論しなかった。勿論、番組の最中も事後もテレビ朝日の訂正はなく、今も辛淑玉は反日活動に励んでいる。

朝鮮人強制連行が如何に大嘘かは「数字という論拠」を示して反論するべきだ。戦後の朝鮮人の悪事も、証拠が残っているうちに整理しておくべきだろう。史実はどんどん朝鮮人に都合良く変えられる。ウェブで「朝鮮進駐軍」の項目を調べると見る度に改悪されている。

心ある日本人よ、史実を語る記録の保管に貪欲になれ!
 

facebookの記事紹介

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2014年11月11日(火)05時30分28秒
返信・引用
  《在日は全て帰国せよ。竹島不法占拠。謂れなき慰安婦問題。拉致問題。日本に居座る正統性なき在日韓国朝鮮人》

1952(昭和27)年1月、李承晩韓国大統領は「海洋主権宣言」を行って、所謂「李承晩ライン」を国際法に反して一方的に設定し、同ラインの内側の広大な水域への漁業管轄権を一方的に主張するとともに、そのライン内に竹島を取り込んでしまった。

1953(昭和28)年3月、日米合同委員会で竹島の在日米軍の爆撃訓練区域からの解除が決定された。これにより、竹島での漁業が再び行われる事となったが、韓国人も竹島やその周辺で漁業に従事している事が確認された。

同年7月には、不法漁業に従事している韓国漁民に対し竹島から退去するよう要求した海上保安庁巡視船が、韓国漁民を援護していた韓国官憲によって銃撃されるという事件も発生した。

翌1954(昭和29)年6、韓国内務部は韓国沿岸警備隊の駐留部隊を竹島に派遣した事を一方的に発表した。同年8月には、竹島周辺を航行中の海上保安庁巡視船が同島から銃撃され、これにより韓国の警備隊が竹島に駐留している事が確認された。

韓国側は、現在も引き続き警備隊員を常駐させると共に、宿舎や監視所、灯台、接岸施設等を構築してしまった。
--------------------
「日本の見解」

「李承晩ライン」の設定は、公海上に於ける違法な線引きであると共に、韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠である。韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行う如何なる措置も法的な正当性を有するものではない。

このような行為は、竹島の領有権をめぐる我が国の立場に照らして決して容認できるものではなく、竹島をめぐり韓国側が何らかの措置等を行うたびに厳重な抗議を重ねるとともに、その撤回を求めてきている。(外務省HP)
--------------------
「米国の見解」(韓国の見解はでたらめで取り上げるに値しない)

ラスク書簡は「米国政府は、竹島は韓国の領土ではなく日本の領土だと判断している」と明示した。併し、同時に…
韓国がそれに異議を唱えて来た。米国は「竹島は日本のものだ」と考えて条約を決めたが、韓国の異議という条約成立後の新たな事態を想定していたなかった。

日米条約上は日本のものとなっていても、実際のところ竹島はどちらのものと考えるかは分からない。それはそれぞれの国の判断である。だから米国が軽々に条約を締結した各国(連合国)の意見を代表する訳にはいかない。

もし日本人と韓国人が、これを解決する事ができない場合には『国際司法裁判所』に付託する事が適切である。(投稿者要約)
--------------------

何とも言い訳がましい米国の見解である。日米間で条約を締結したのなら「竹島は日本領」と言う見解には米国にも責任がある訳で、これを果たすべきであった。日本に利する事を避けたい米国の逡巡が、現在も日韓間の火種として残っている訳だ。

当時、韓国は竹島を不法占拠する為に44人の丸腰の日本人漁民を殺害し、3929人の漁民を拉致して人質に取った。そうしておいて韓国が捏造した歴史に対して、5億ドルもの戦時賠償金を「身代金」に近い形で日本に支払わせた。

更に、ありもしない慰安婦強制連行の賠償金を払え、謝罪しろと言い募る韓国は正に「ならず者国家」である。愚かで、強欲で、恩知らずな韓国人に所謂「従軍慰安婦」なる捏造話を創り上げ、扇動したのは「反日日本人」と「日本人に成りすました朝鮮人(吉田清治)」である。

日本の統治時代を調べれば、朝鮮人の多くが如何に日本の統治を喜び、従順であったかが分かる。面白くなかったのは特権を奪われた両班の中にいただろう。それに、自国を併合される事に何の痛痒も感じない国民など居ないと言う事は、日本人も理解しないといけない。

併し、日韓併合により朝鮮人の生活が劇的に良い方に変化した事実を、一切認めようとしないのも異常である。何につけても虚勢を張る韓国人の気質を見せられるにつけ、併合された過去はさぞかし悔しい事であろう。

悔しい思いが向上心に繋がれば良いのだが、韓国人はひたすらジメジメ恨み続ける。タチが悪いのは過去を認めない事だ。自分達がどれほど遅れていたかを認めない。1910年の併合時には識字率が僅かに4%ほどしかなく。さながら未開土人のレベルであった。

商店も無く、川には橋も架かっていなかった。上下水道もないから衛生状態も劣悪だった。これは民族の特性であろうが、所構わず大便をするから、道のあちこちに人糞が転がっていた。イザベラ・バードは、首都 京城府(現ソウル)を世界で最も不潔な街と記録に残している。

こういう客観的証拠が多数存在するのに、今の韓国人は「もし日本の統治がなければ米国を超える発展を遂げていた筈」などと「こうだったら良かった」と言う妄想を逞しくする。そしてその妄想を史実としてしまう。誠に哀れな民族であるが、妄想に基づく日本への恨みは迷惑であり、実害も甚大である。

日本総督府は創氏改名を強要していないし、搾取もしていないが、韓国ではそれが史実として教育されている。日本人ですら韓国を植民地支配したと思い込んでいるのは由々しき事態である。日本は大韓帝国を植民地にしたのではなく、嫌々 併合してあげて日本に組み入れたのだ。

基から搾取を目的にした植民地政策なら、大規模工場生産の方式を取り入れて、広大な農地に大量の資本を投入し、先住民の安価な労働力を使って単一作物を大量に栽培する(モノカルチャー)大規模農園、プランテーション (plantation) 方式を採用しただろう。

日本はそうはせず、住民の主食である「米」の生産を指導した。それに必要な灌漑工事をして、食糧増産を奨励した。食糧増産の結果、朝鮮半島の人口は35年間で約2倍に膨れ上がり、総督府は学校を造り人々に教育の機会を与えた。原住民に教育を施し、人口を倍増させるなど欧米の植民地では有り得ない事である。

日韓併合は未開土人を文明開化させたのである。悔しいのは分かるが、韓国人は日本に感謝するべきである。日本人は朝鮮人を日本人同様の「文明人」にしたかった。

併し、日本の敗戦により「教育半ば」の朝鮮人は野に放たれた。彼等はさながら獣であった。インフラを整え、識字率を上げ、文明を開花させたかに見えたが、彼等は野に放たれた途端に主人の居ない獣に還ってしまった。(彼等の獣ぶりは前回の投稿で述べた)

ある者は日本人として正式に入国していたが、敗戦の混乱に乗じて、密航して来た朝鮮人も多い。日本に残った朝鮮人は、敗戦後の失意の日本人に乱暴狼藉を働き、日本人の住まいに居座り、闇市を乗っ取り、密造酒などで荒稼ぎし、果てはテロなど様々な悪行に手を染めた。そうしてのし上がって、一端の実業家を気取る朝鮮人が現れた。

在日一世、二世は以上述べた事実を知りながら、強制連行されて来たなどと嘘を付き通す。こんな在日に日本政府は特別永住権を付与してしまった。然も、在日特権を受けながら、北朝鮮工作員として多くの日本人拉致の手引きをする者まで現れた。日本の公安は幾人もの素性を掴んでいる筈だ。拉致に関わった北朝鮮工作員は全員逮捕して法の裁きを受けさせるべきだ。

在日達は「差別だ!強制連行で連れて来られた」と嘘を付き続け、掛け金も掛けずに年金を全額受け取り、日本人より容易に生活保護の対象となり、その上、参政権までも寄こせと主張している。一刻も早く特別永住権を取り上げ、在日を名乗る不逞鮮人を強制送還すべきである。

忌わしき韓国による「竹島問題」「慰安婦問題」、そして北朝鮮の「拉致問題」南北朝鮮による「在日問題」は皆「嘘」で繋がっている。何れか一つを解決すればいいというものでは無い。何れも困難な問題であるが、これらの全面解決なくして、日本の戦後は終わらず、日本国に未来永劫暗い影を落とし続けるだろう。
--------------------
 

日中首脳会談開催

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2014年11月 9日(日)16時40分37秒
返信・引用
  APECに合わせて、来週本当に日中首脳会談が行われるらしい。
日本側としては、靖国神社や尖閣諸島に関して譲歩はしな
かったという報道。報道通りなら問題はなかろう。

問題があるとするなら、首脳会談後に靖国参拝をやめた場合。
サンゴ密漁海賊団に何もできない場合。尖閣諸島にシナの付け
入る言い分を与えた場合等・・・
安倍総理は国民を欺き、シナに屈したと批判
されてもいたい方あるまい。

繰り返しになるがこの時期に、
首脳会談を行う意義だが何かあるのだろうか?


例えば、日本がシナと対立し続けても米国がシナと
友好関係を進めた時、日本だけが孤立するという事態になる。
それを防ぐ意味で『戦力的互恵関係』を考えているのだろうか??

気になるのは、仮にシナの意見を飲んだ場合、安倍総理が
それで日本の常任理事国入りをシナが支持するだろうと、
勘違いしているのでは?と疑っている。

隣国が国際社会でキャスティングボードを握り
強大化するというのは、どこの国でも好まれない。
まして反日教育・工作を行う当事国が態度を
180度変えるとは考えにくい。

今回の首脳会談は、文字通り会談のための会談に
終わるのではないだろうか??  
 

バツカじゃなかろうか

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年11月 9日(日)08時43分39秒
返信・引用
  何と言う下らぬ議論をする国会議員であろう
民主党の蓮舫とか言うキザな女が、鬼の首を取ったように松島議員を非難する。自分の配布した扇とどこが違うのか、機能から言えば同じである。国会とは実に下らん場所で、国会の品位を汚すものだ。
自民党の宮沢大臣が、鹿児島の川内の呼称を「かわうち」と発言して問題にする民主党、こんなことを議会で声を荒げる民主党!バカではないか。些細なことだ。またメディアが面白おかしく記事にする、これもバッカじゃなかろうか、暇つぶしにやっているのかメディアも民主党もだ。
実に幼稚な国会議員のレベルである。
日本の未来のために真面目な国会にせんかい!!

 

小林よしのりという似非日本人

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2014年10月26日(日)17時14分45秒
返信・引用
  ちょうど1年前の出来事ですが、
父親が共産党員のニセ保守小林よしのり一派の、
反皇室姿勢が明らかになった瞬間ですね。
いうに事欠いて竹田氏をニセ旧皇族などと侮蔑した挙句、
守るに値しない在日を民族差別などと擁護。これでいまだに
小林よしのりを、支持している信者も目を覚ますべきだね。

たかの知れた、お下劣絵描きやの分際で、旧皇族方に敬意を払う
言動もなく、ニセ旧皇族だとよ、貴様らこそ日本民族を侮辱されても
無関心を装うニセ日本人であろう。こいつらこそ保守派の面汚しである。



ニセ旧皇族の竹田恒泰が、10月20日放送の読売テレビ
『そこまで言って委員会』で以下の問題発言をしました。

「在特会が、いいこともしたんです。しゃべってる内容がいいってわけじゃなくて、在特会が活動したおかげで、在日の特権というものの問題が明らかになったわけですよ。

これまでほとんど誰も知らなかったんですけど、例えば通名っていうのがあって、日本人の名前に変えることによって、今までの犯罪歴から金融関係の経歴から全部消すことが
できて、また新たな犯罪ができるとか、そういうことをかなり表現してきたんですね」

「在特会が問題提起したことはかなり重要なことも含まれているんです。ただ、私はああいう表現はしないですけれども、在特会には在特会の意義はあったと思うんですね」

この発言に対してNPO法人「コリアNGOセンター」が「事実に反し、在日コリアンへの偏見を助長する」として読売テレビに抗議文を提出、BPO(放送倫理・番組向上機構)に
審査を申し入れました。

竹田は在特会の「表現」は否定すると小ずるく言っていますが、その「根本」は在特会と全く一緒ということを、ついに露呈したのです!!

そもそも「通名」というのは在日コリアンの「特権」でもなんでもなく、本名以外の「通名」(通称名)を使用することは誰にも認められています。実際、在特会会長の高田誠も
「桜井誠」という「通名」を使っています。

そして、「通名」を使ったからといって、犯罪歴など経歴が消せるなどということはありません!

竹田は完全に民族差別を助長するデマを言ったのです!

在特会のいう「在日特権」とは、酷く程度の低い陰謀論まがいのデマばっかりだということは、すでに証明されています。

竹田はその主張のどこに「重要な問題提起」があったと言うのでしょうか?

民族差別を助長するデマを流す行為のどこに「民族の誇り」があるというのでしょうか?

ニセ旧皇族・竹田恒泰が唱えているのはニセの「日本人の誇り」です。

竹田恒泰こそが、日本人の面汚しなのです!

https://www.gosen-dojo.com/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=2592&comment_flag=1&block_id=736#_736
 

愛民は煩さるべき

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2014年 9月23日(火)19時19分44秒
返信・引用
  昭和天皇様とあの戦争を振り返るにつけ、民衆というのは
甘えたものだとつくづく感じる。御聖断により長きにわたった
戦争が終結したにもかかわらず、GHQや反日勢力の暗躍があったとはいえ、
戦後になり、天皇陛下の戦争責任を問うなどという戯言を
ほざく人間たち在り、そしてその言に理解を示す愚民有。

実に憤りを禁じ得ない。
陛下ご自身は最悪の場合、ソビエトの意向の如く処刑という
事態になる可能性があったにも関わらず、国民のことをお考えになり
降伏された。

それに対する感謝や尊敬の念が無い民衆は救いようがない
現代日本人のこのふざけた姿勢は、まさに
『提灯を借りた恩は知れども天道の恩は忘れる』
であろう。

今日の事態になるなら、まさに『愛民は煩さるべき』であり、
戦争の勝敗が負けになるにしても、徹底抗戦するべきであった。
戦後反日勢力の基礎となる連中も、口封じが同時にできたであろう。

あえて言うなら、民衆にとりほどほどに苛烈な政治が
国家の統治には必要なのである。

民衆に対する施しは『餓死しない程度の福祉』で十分である。
 

中国の「この歴史捏造の事実

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年 9月 9日(火)16時00分6秒
返信・引用
  中国の「この歴史捏造の事実」

   --シナはこんなウソだらけ国なんだ!--

中国を改革解放に導いた「とう小平」は、この8月、生誕110周年を迎えた。国営中央テレビ(CCTV)はこの時期に合わせて「歴史転換期のとう小平」という全48話のテレビドラマを連日のように放送している。

文化大革命末期の1976年から改革開放が本格的にスタートする84年までの8年間についてとう小平の人物像と共に、党中枢の政策決定などを紹介する内容だ。

脚本は、共産党中央文献室が作成し、「歴史を忠実に再現した」と自賛している。

党の宣伝工作の一環であることは明らかだが、大きな違和感を覚えた。



改革開放の最大の功労者の一人で、当時は首相などの要職を務め、のちに失脚した趙紫陽氏は、ドラマの中で完全に無視された。会議に出席するシーンすらなく、趙氏の業績はみな別人の人の手柄にされた。



とう小平の最大の政敵、保守派の陳雲はとう小平の良き理解者として登場している。

党内の対立を視聴者に知られたくないためであろう。

そして、党最高指導部メンバーでなかった習仲勲氏を、政策を左右する重要人物として扱った、習近平主席の父親に対し、特別に配慮したことは言うまでもない。



日本の歴史認識問題を批判しながら、自国の最近の歴史を、ここまで捏造できるとは、唖然とした。

   平成26年9月8日産経新聞 矢坂明夫



徳永コメント

 このシナの手法は韓国と酷似している。

 要するに、「易姓革命」とは、前政権の歴史を改竄 し、現政権の都合のいいようにする文化である。

 こんなシナが、他国に、歴史に関して「ツベコベ言われる事は無く、無視してよいのである。

 実にバカバカしい後進国の連中であるが、連中は自分こそ世界一の歴史の国と威張るのである。正に知性も教養もない世界の田舎者なのだが人口か多いので世界の国々が迷惑を蒙っているのだ。






 

間違いだらけの独断的日本文化の「菊と刀」

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年 9月 8日(月)10時57分55秒
返信・引用
  間違いだらけの独断的日本文化の「菊と刀」

日本人識者の書評

翻訳者の先入観、偏見的間違い多数。

和辻哲朗

  読むに値いしない本。日本を侵略主義的なとする詭弁と独断がある。

津田左右吉

  儒教と伝統的な道徳を混同しいる。

土居健郎

  罪と罰が無関係という前提の考え方が問題。

竹山道雄

  諸文化は総体的であり優劣は言えない。罪の文化と恥の文化が、どちらが上だなんてことは言えない。

柳田國男

  日本人ほど「罪」という言葉を使う民族はいない、ベネディクトが日本人は道徳律が欠如し「輪廻転生の教理が一向に体得されていないのは不思議だむと指摘したことに就いて「明白に事実に反する」、「罪業観ばかりは最も広く徹底している」と反論している。

山折哲雄

  菊と刀は、アメリカの戦時情報局に為に行った政策研究であり重心を低くして密かに獲物に狙いを定めていた」、「戦闘的な政治学の論文」の「粉飾の背後に隠された本来の意図」を注目しなければならないと鋭い。

ダグラス・ラミス米国人学者

  「単に物語化された日本人のイメージに過ぎない。ベネディクトには最後の山の彼方にある幻なのだ」と指摘、彼女の書いた日本の社会も現実も存在しない」と米国人さえ、正しく洞察している。

総括書評

要するに、西欧文化中心主義の価値観で他の文化を一

方的に評価した文化理解から出発した政治的著作で

あろう。ベネディクトが西欧近代の「心身二元論」に

基づく「善悪二元論」という単純な二分法論理に立脚

して日本人に道徳律が欠如していると批判している

のは西欧的価値基準で日本人と日本文化を断罪する

独善的態度である。文化相対主義とは対局にある傲慢

に書物である。




 

 戦後の虚構を覆す天の時

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年 9月 7日(日)10時23分35秒
返信・引用
   戦後の虚構を覆す天の時

戦後左翼利権の牙城を突き崩す天の時

    --朝日新聞を廃刊させよう--



産経新聞の祖国の恥辱を晴らさんとする思いが終に、国賊・朝日新聞を打ち落とした。産経新聞の祖国を思う志を高く評価したい。



慰安婦問題は朝日新聞の国賊的大罪である。産経新聞により事実を突きつけられ降参したのが朝日だが、朝日は国民に謝罪せず往生際が悪い。



産経新聞のみならず、読売新聞、あの左の毎日新聞さえ朝日新聞の追及を始めた。



週間文春、週間新潮然り、朝日と同じような思想の公明党も朝日新聞を断罪している。



政党は自民党のみならず共産党、社民党以外は朝日新聞責任問題追求の姿勢である。



国会で朝日新聞を証人喚問しなくてはならぬ。



NHKは知らぬ顔をしている。



この問題を大局的見地で概評すれば、



「戦後日本の虚構を崩壊させ得る天の時の到来」と見てよいのではないか。

それを別の言葉で申せば、

「戦後左翼利権の牙城を突き崩す天の時」なのである。



米国占領軍により日本本来の文化の崩壊を招いた虚構の賛同者・朝日新聞等々の左翼利権構造を突き崩す絶好の時にしなくてはならぬ。



朝日新聞の慰安婦記事を書いた植村記者の叔母が韓国人慰安婦であった。

朝日新聞の犯した日本国民への背任はとてつもなく巨大であり、朝日新聞は、その大罰を支払わなくてはならぬ。



それには、

1.   朝日新聞の購読を中止することだ。東京杉並区では相当程度購読中止世帯が増加していると聞く。朝日新聞廃刊まで追い詰めなくてはならぬ。

2.   次に、企業群は、朝日新聞、テレビ朝日への広告をアパグループのように実行しなくてはならぬ。



あの櫻井よし子先生さえ、朝日新聞を廃刊に追い込めと申しておられる。



企業の諸君、国会議員の諸君、国民の各位、

日本国への大罪の贖罪として当然の行動を取らなくてはならぬ。



それは、国賊・朝日新聞を廃刊させることだ。

これだけ日本国民の名誉を冒涜されたのだ。

立ち上がれ日本人よ!

朝日新聞を全国民の前で土下座させよ!!

        平成26年9月1日

   徳永日本学研究所 代表 徳永圀典






 

NHK職員OBの意識の反社会性

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年 9月 4日(木)06時15分56秒
返信・引用
  NHK職員OBの意識の反社会性
公共放送であるNHKのOBと雖も良識があれば、会長の罷免を要求するなど、言語道断、不見識極まりない行動であり国民として不愉快極まりない意識である。このような連中がNHKの放送を壟断していたのがこのNHKの実態である。国民は料金支払いを続ける意味が消滅した。NHKは公共放送としての資格が無い。料金不払いに賛成する。
 

朝日新聞

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2014年 8月29日(金)07時26分43秒
返信・引用
 

https://www.facebook.com/andow55

 

朝日新聞を叩き潰せ!!

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2014年 8月28日(木)19時17分41秒
返信・引用
  言論の自由・表現の自由・報道の自由を標榜するメディア自身が
己の不都合については、言論封殺を行うという異常事態が発生している。
週刊新潮と文春について、朝日新聞は自社の信用を損なうという
ふざけた理由で広告を拒否したそうである。

己の所業は反省せず。人の噂も75日論法で今日もぬけぬけと
操業しているわけである。いよいよメディア規制が必要な
時代になった。皮肉にもメディア自身が招いたのである。

これで社会の公器とはあきれ果てる。そんじょそこらの悪徳企業と
同じでしたと自ら証明したのである。しかし諸君、これは朝日新聞を
『本当に叩き潰す』絶好の機会、千載一遇のチャンスが巡ってきたのである。
常に反日勢力が優位に立っていたわけではない、あさま山荘事件等
反日戦力自身の弱体化があったにもかかわらず、今日まで生き残らせてきたのは
既存保守派の甘さが原因であった。

大阪橋下市長のように、アサヒをこれまで以上に執拗に攻撃し、
廃刊にまで追い込まなければいけない。朝日は反権力でも反政府でも
反自民でもない、売国・亡国の反日組織である。

完全に息の根を止めるまで断固糾弾し、アサヒの醜い姿を明らかにし、
友人知人に朝日の購読をやめさせましょう!

週刊新潮の広告も拒否 慰安婦記事で朝日新聞
2014.8.28 12:57

新潮社は28日、朝日新聞に「週刊新潮」9月4日号(8月28日発売)の新聞広告の掲載を拒否されたと明らかにした。

新潮社によると、当該号の広告には朝日新聞の旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する報道をめぐり、
「『朝日新聞社』の辞書に『反省』『謝罪』の言葉はない!」などの文言があった。

朝日新聞が26日、「反省」の文字や読者が減っているとした見出しを修正するよう求め、新潮社が拒否したところ、
27日に掲載を見送ると連絡があった。新潮社の広報担当者は「批判されたから広告を拒否するとは言語道断。
来週号で今回の問題を検証したい」と話している。

朝日新聞は今週発売された「週刊文春」の広告の掲載も拒否し、文芸春秋が抗議文を送付したと明らかにしている。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140828/trd14082812570009-n1.htm
 

韓国のヘイト教育

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2014年 8月26日(火)09時39分10秒
返信・引用 編集済
  ★これが韓国の反日ヘイト教育だ★

韓国では朝鮮戦争は韓国戦争と呼び韓国と日本が戦ったと思っている若者が相当数いるらしい。(30歳以下で80%)
笑い話にもならない歴史認識だ。
アメリカが北朝鮮を攻撃したら韓国は北朝鮮を助け日本を攻撃するらしい。


国民が日本を嫌うように真実を教えない韓国の教育は国家ぐるみのヘイト行動である。
他国の歴史認識を言う前に自国の歴史を国民に公開するべきだ。
一説によると漢字で書かれた歴史書は多く有るがハングルで書かれた歴史書が少ない(5%程度)ため理解できる人がいないらしい。


ならば政治家でも真実の歴史を知らない者がいる可能性がる。
反日の恨みを除いたら韓国は抜け殻になってしまうかもしれない。

◆参考資料◆
http://2ch-dc.net/v5/src/1403107968605.jpg

https://www.facebook.com/andow55

 

大東亜戦争の真実

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2014年 8月26日(火)09時28分50秒
返信・引用
 

https://www.facebook.com/andow55

 

インドネシア独立の為の最後の日本兵

 投稿者:安東 壯文  投稿日:2014年 8月26日(火)09時16分58秒
返信・引用 編集済
  インドネシア独立のため戦った最後の日本兵が亡くなった。



http://blogs.yahoo.co.jp/takafumi_andow/

 

終戦特番はやめるべきである

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2014年 8月22日(金)19時10分20秒
返信・引用
  我が国はいつまで、昭和の敗戦に縛られなければならないのか?
日頃幼稚な「中韓・ヒュンダイ」が興味深い記事を載せていた。
なんでも終戦特番がことごとく視聴率1ケタだったらしい。

皆口にこそ出さないが、いい加減飽き飽きしているのだ。
69年も昔の敗戦を、似非ヒューマニズム漂う悲劇物として
延々と繰り返しいるのだから、つまらなくなる・飽きてくる。

たまには我々の祖父は勇者だったとか、鬼畜米英の悪行を叩き潰したといった
壮大、雄大なドラマを作るべきである。いつまでも犠牲者・被害者・弱者
といった視点のみでドラマを構成するべきではない。

勝った、負けたは兵家の常。これが戦争に挑む武士・武将の心がけ。
常に戦に挑むものは、勝った、負けたで一喜一憂はしない。

それができなかったのが日本。 敗戦ですべてを否定され、自らも否定
してしまった。 所詮、民主主義、民衆の甘えごとはこのようなこと。
厳しいことを言うが、戦争の結果で嘆いていいのはせいぜい
10年程度。70年は長引きすぎ。それで戦争は嫌だと言いながら、
親が子を殺し、子が親を殺す。親の死を隠して年金を
せしめる不逞の輩が多い。 必要なことは、誇りを叩き込むこと。

泣き言、戯言、絵空言、100遍言えば同情し、
1000遍言えば慣れてくる。そして1万遍繰りかえすと
今度は、単にその人の運の悪さと欠点、荒拾いが出てくる。

だからしけた話はするべきではない、捨て置け、捨て置けそんなもの。
これができないのが民主主義という政治体制のジレンマ。
民衆の甘えた感情に付き合わなければ議席が取れない。
ああ、これが封建社会なら違うのにと思う。


戦争体験の風化が叫ばれて久しいが、さらに拍車がかかっている。69回目の終戦記念日を迎えた今年、戦争関連番組への関心も寂しい状況であった。

15日放送の戦争特番はNHK、民放含め計4本。そのうちテレビ朝日系はコーナーのひとつで取り上げるにとどまった。
いずれもゴールデン帯の放送だったが、視聴率は1ケタ台が目立ち“惨敗”。横並びトップはTBS系のバラエティー「ぴったんこカン・カンSP」で、平均視聴率12・9%だった。

映画「硫黄島からの手紙」は地上波初放送。渡辺謙主演で興行収入51億円をマークしたヒット作である。
唯一のドラマとなった「命ある限り戦え、そして生き抜くんだ」(フジテレビ系)では、上川隆也(49)と溝端淳平(25)の中堅&若手コンビでパラオ・ペリリュー島の過酷な地上戦を描いた。見ごたえのある良質な番組だったが6・2%と残念な結果に終わった。コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「広島の地方局が制作する戦争特番はいまも毎年、放送されていますが、それらは地方限定の放送だったり、全国ネットされても夕方の放送時間帯だったりと矮小化されている由々しき現状です。

視聴率至上主義なのは致し方ないとしても、ときにはそれらを度外視してつくらなければならないテーマがある。戦争はそれの最たるものであり、語り続けることはテレビ報道の“使命”。見る側に訴え続けてほしい」歴史の忘却は罪だ。テレビには、伝え続ける責任と義務がある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140821-00000009-nkgendai-ent
 

シナを嘲り笑えない、薩長の杜撰な近代化

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2014年 8月21日(木)19時34分15秒
返信・引用
  徳永圀典様が森について投稿されている。
記載の内容まことにごもっともであはあるが、
明治政府の行った政策を振り返ると、果たして
日本の為になったことばかりなのか?落ち着いて
検証するべきではないだろうか?

神社合祀令に関し、この政策を行う必要性があったのか?
非常に疑問であり、所謂『鎮守の杜』が多く失われたのも
明治末期のことである。南方熊楠が反対を行いようやく
この合理主義的政策も終わったが、時すでに遅し。

稚拙な明治政府の行いにより多くの神々の杜が
失われたことを恥じなければならないだろう。
一部に、鎮守の杜にある希少な森林資源の利権獲得が
目的だと指摘される向きもある。そんなことはないと思いたいが
近代化の旗印の名のもとに行われてきた、愚かしい事例に関しては
謙虚にならなければいけない。

それこそ尊皇攘夷を掲げた、皇室解体の革命が明治維新
であったなどと言われないように。
 

森こそ人間種の源泉

 投稿者:徳永日本学研究所  投稿日:2014年 8月21日(木)06時44分32秒
返信・引用
        森こそ人間種の源泉
森こそ、生物種の源泉、日本の原理そのものだと痛感します。森を失った民族は、
国を失っているのは世界史で証明済みであります。
2700年の日本は、70年前に敗戦したが、現在の地球を見れば戦勝国と比較して日本は隆々と
繁栄して世界一の民度を誇っています。
日本人の文化、生活方法が人間種にとり最高と証明されて続々と世界の民族が模倣しています。
比して、シナを見よ!!!
地上の生き物の生存不可能の、大地、河川、空気、そこに住む人間の欺瞞、道徳律の欠如、
植林の思想の無さこれらの諸要因は、滅びの原理そのものであると岫雲斎は喝破します。

この原理を言わぬメディア、理解不能のシナ人、
シナの原理の易姓革命は、歴史改竄の原理、とうてい平和な国土、民族ではあり得ないものが
内臓されている。
その犠牲に我々はなってはならぬ。安倍総理は赫々とした指導性を世界に発揮しています。
対シナは、聖徳太子の姿勢で臨まなくてはなりません。
現在は、日本の分水嶺・剣が峰でああります。
ここでシナに引いたら祖先に申し訳ない!!
現代の聖徳太子こと安倍総理を熱烈に支援しましょう!!
 

レンタル掲示板
/8